« 私の研究テーマ | トップページ | 石油問題を考える(1)-ハイエクの現代的解釈の試み »

2005年4月30日 (土)

私の研究時間帯

私が研究のための時間を割くのは、主に早朝である。ちょっと朝早くおきて、1時間ほどの時間を、読書や論文の執筆に当てることにしている。

「当てることにしている」というと、「毎日欠かさず」早朝の時間を利用しているような印象を与えるかもしれないが、恥ずかしながら、目が覚めてみるともう大学へ行く時間…ということも少なくないのが悩みのタネである。

それにしても、なぜ早朝の時間か-というと、やはりそれが一番、研究に適した時間だと実感しているからである。

言うまでもなく、基本的に日中は授業の時間帯である。授業自体が必ずしも毎日というわけではないが、授業には当然、「準備」というものが必要だから、しかるべき準備をしようとすると、おのずから、一定の時間を割くことになる。

それでは、日中の仕事が終わったあとの、夜の時間帯はどうかというと、実は20代の頃は、若さに任せてといおうか、真夜中に頑張って研究していたこともある。しかし、それでは、体調が長続きしないのだ。いつか必ず、どこかで風邪をひいて、数日間寝込むことになるのであった。

それに比べると、早朝の時間を使った場合の心のゆとりといったら、どうだろう!少なくとも私自身の体験からすると、心のゆとりは夜の時間の比ではない。それに、早朝の時間を利用できたときの、その日いちにちの有効活用度といったら!一日がいい意味で長く感じられるので(あれ?まだ午前10時か…といった具合に)、その意味でも心にゆとりが持てることになる。その心のゆとりが、体調のよさにもつながるようである。

それに何よりも、早朝の時間を利用して研究を少しでも進めることができたときの効用は、日中の時間に心おきなく、授業等の仕事に専念できるということだ。さもないと、「研究のための時間を授業にとられている…」という不平不満がムクムクと湧き起こってきて、これがつもりつもると、またまたこれが「体調不良→休講」という破目になる。そしてそのツケを、結局は「補講」という形で払わされることになるのだ。

というわけで、できるだけ早寝早起きで、早朝の時間を研究に使うことにしている。いまの私の目標は、それを「毎日欠かさず」着実に実行することである…(この「毎日、欠かさず、着実に」というのが、案外、本気でやろうとすると、結構カンタンではないのデス)。

|

« 私の研究テーマ | トップページ | 石油問題を考える(1)-ハイエクの現代的解釈の試み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私の研究テーマ | トップページ | 石油問題を考える(1)-ハイエクの現代的解釈の試み »