« 気になる南北問題 | トップページ | 健康診断結果に一喜一憂… »

2005年6月28日 (火)

健康診断でうれしかったこと

今日からしばらくは、自分の健康について、書いてみようと思う。

ここに掲載する文章は、実は、勤務先の大学の学内サイト(つまり学内でのみアクセス可能なサイト)で、私の授業を受けている学生向けに開いているサイトに『日々のエッセイ』と題して掲載したものだが、この『研究日記』の話題にもなると思うので、ここに転載することにする。健康は研究を進めていく上でも大変重要なファクターだからである。

以下は、「健康診断でうれしかったこと」と題して6月7日に学内サイトに掲載したものである:

今日、6月7日は健康診断の日だった。例年どおりである。

体力に絶対の自信があるわけではないが、生活習慣病に至るようなことはまずない-という点では、健康だと思っている。タバコは吸わないし、お酒もほとんど飲まないからである。

宴会のときなど、必要なときには多少はビールを飲むが、普段は飲まない。飲むとしたら、ノン・アルコール・ビールぐらいのものである。おまけに肉もほとんどまったく食べない。魚もあんまりだ。野菜・穀類・果物の方が、ずっとずっと好きなのである。

そんなわけで、基本的には健康な方だと思うが、体格や運動体力の方はカラッキシである…。

正確な数値は忘れたが、身長は170cmぐらいで、体重は……51kgぐらいだった。う~む…やはり少しやせすぎか!? 

しかし、驚くなかれ、4年ほど前までは、なんと50kgを割っていたのである…!! それに比べれば、すこしは健康的に肥えられたと思う。日によっては53kgぐらいのときもあるのだが…(でもやっぱりやせすぎか?)

視力は矯正で両眼とも0.9。これはまぁ、こんなものか…。裸眼だと多分、両眼とも0.1ぐらいだと思う。

そんなわけだから、今やもう、高校生から大学生のときのように、サッカーを思い切って出来るような体ではなくなってしまった。これはもう36歳にもなったことだし、今生ではもうサッカーを自由自在にプレイすることは、あきらめることにしよう。

しかし、仕事を地道に末永く続けていけるのに充分な健康は、ぜひとも維持し続けたいものである。この仕事が好きだからだ。

そういう点では、大変満足な結果だった。尿検査でも特に問題はなかったようだし、何よりも、内科検診のときのお医者さんのお言葉に感激したのである。

今回のお医者さんは面白い人だった。

いつもなら、無言で診察されるのだが、今回の先生は違った。ちょうど電車の駅で駅員さんが声を出しながら指差し確認するのと同じような感じで、ひとつひとつ、小声ではあったが、声を出して確認してゆかれるのである。「瞳孔反応ヨシ、口内の殺菌能力ヨシ、味覚障害もナシ…」といった具合だ。おかげで、あの動作でいつも何を診察しておられたのかが大変よく分かった。

そして何よりも一番うれしかったのが、血圧と肺臓の正常さを褒められたことだ。そう、お医者さんから褒められたのである!!

どう褒められたのかというと、このお医者さんに言わせると、私の体のエネルギー効率は大変よく、たとえるなら、あの“ハイブリッド・カー”のように燃費が大変いいのだそうである。

ちなみに、血圧は、最高106、最低60であった。

そして何よりも、聴診器から聞こえる肺臓の中の呼吸音が、なんと「キレイ」だというのである!

それも“野原を吹くさわやかな風のように”
キレイな音が…!!

そう、今回の内科検診のお医者さんは、大変褒め上手で、しかもロマンチストだったのだ。

そんなわけで、私は大変上機嫌に健康診断を終えたのであった。ありがたや、ありがたや…。

|

« 気になる南北問題 | トップページ | 健康診断結果に一喜一憂… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 気になる南北問題 | トップページ | 健康診断結果に一喜一憂… »