« 英語を学習しよう!:私も日々努力中です! | トップページ | やさしく説明することのむずかしさ:今日の英書講読を終えて »

2005年10月28日 (金)

社会福祉基礎演習のみなさんへ

この授業では、テキスト『よくわかる社会福祉〔第2版〕』(ミネルヴァ書房、2004年)に基づいて、毎回小テストを作成し、諸君に解いてもらっているが、その小テストに取り組んでいる諸君のけなげな様子を見て、私はいつも微笑ましく思っている。それとともに、教える喜びを味わわせてくれる諸君の存在に、感謝している。

実を言うと、社会福祉そのものは、私の元々の専門分野ではない。私の専門分野は政治学、とくに政治思想である。だから、必ずしも自分の専門分野に直接的な意味で関わるものとして、この授業を担当しているわけではない。

しかしながら、当然のこととして、授業を担当する以上こちらもシッカリと勉強しておかなければならない。したがって、私はこの授業を進めていくに当たって、新たに一から勉強を始めたのである。

最初のうちは慣れないこともあったが、もうこの授業を担当するようになって4年目に入っており、最近ではかなり慣れてきた。おかげで、社会福祉に関する基礎知識を身につけていくことができているので、その意味でも感謝している。

とはいえ、小テストを毎回用意するのは、労力のいる作業である。小テスト方式は昨年度からとっているものであり、テキストも同じものを使用しているのだが、小テスト問題は、今年度は今年度として、また新たな気持ちで作成している。だから、授業の準備には毎回、一定の手間がかかるというわけである。

しかも、作業は小テストを実施してそれで終わりではない。当然のこととして、最終的には単位認定のための評価をしなければならないが、この授業では毎回の小テストの成績を総合評価することにしているから、小テストを終えた後に、毎回の成績をつける作業もあるのである。Excelに正答率を入力することにしているが、いまのところ、その作業が毎回確実にできているわけではないので、その遅れを取り戻すために、また新たに時間をさく必要もあるわけだ。

そんなわけで、この授業一つとっても、必要な作業が多くあるのだが、それによって、諸君が社会福祉の基礎知識を身につけていくための手助けができるのだと思えば、それは喜びである。

諸君には毎回の小テストに備えた準備を要求しているわけで、なかなか大変だという思いもあるかもしれないが(いかがですか?)、一回一回の努力が積み重なっていけば、それは大きなものとなるから、どうか一回一回の小テストを、これからも大事にしてほしいと思う。

授業中だけではなかなかとりきれないコミュニケーションを、このブログを通じて諸君と交わすことができればと考えているので、どうぞ気軽に、遠慮なくコメントを下さい。お待ちしています。

|

« 英語を学習しよう!:私も日々努力中です! | トップページ | やさしく説明することのむずかしさ:今日の英書講読を終えて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英語を学習しよう!:私も日々努力中です! | トップページ | やさしく説明することのむずかしさ:今日の英書講読を終えて »