« アフルエンザ:基礎演習10月26日の授業を終えて | トップページ | 社会福祉基礎演習のみなさんへ »

2005年10月27日 (木)

英語を学習しよう!:私も日々努力中です!

英書講読の学生諸君へ

諸君は、英語が得意だろうか?

「得意です」「苦手な方ではありません」という人もいるだろうが、そうではない人も少なくないだろう。

教えている私の方はどうだろうか?

もちろん、英語は好きであり、自分ではまぁまぁ得意な方だと思っている。だからこそ、教えているわけだ。少なくとも、英語を「読む」ことに関してはそうだし、また英語で論文を一本書いたこともあるから、英語を「書く」ことも、少なくとも苦手ではないと言えるだろう。

それなら諸君は、私の英語力が、もうこれ以上の努力を要しないほど、完璧だと思うだろうか?--とんでもない話である。特に「聞く・話す」となると、私のレベルは、せいぜい中の上(upper-intermediate level)というところなのである。

「それで十分じゃないですか」と諸君は言うだろうか?

たしかに現状で満足するならば、その通りかもしれない。しかし、それでは私自身が満足できないのである。

なぜ満足できないのか?--それは、自分自身の能力向上ということもあるが、それだけではない。

それに加えて、教える能力も向上させたいからである。自分自身の能力が向上すれば、教える能力もさらに向上するに違いないからなのである。

諸君にぜひとも分かってほしいことは、「教員になったのだから、教える立場になっているのだから、もう新しいことを学ぶ努力は必要ないんでしょう?」ということでは決してない、ということである。私自身、諸君への教育能力の向上のために、コツコツとではあるが、日々努力中なのである。

私も日々努力しているのである。だから諸君も、ぜひとも自分の可能性を信じて、日々努力し、向上してほしい。それが私の喜びであり、そして諸君自身の喜びになるのだから。

期待しています。頑張ってください。

|

« アフルエンザ:基礎演習10月26日の授業を終えて | トップページ | 社会福祉基礎演習のみなさんへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アフルエンザ:基礎演習10月26日の授業を終えて | トップページ | 社会福祉基礎演習のみなさんへ »