« やさしく説明することのむずかしさ:今日の英書講読を終えて | トップページ | 脚注作業続行中:第二章まで終えました »

2005年11月 4日 (金)

英書講読:第32段落の解説

英書講読の授業に関連して、本欄11月1日に、「やさしく説明することのむずかしさ」について書いたが、その分かりやすい説明を試みてみた。

私のウェッブサイトの「第32段落の解説」に掲載しておいたので、ご覧いただきたい。

ここで、できるだけ分かりやすくなるよう、説明を試みたつもりであるが、いかがだろうか?

いずれにせよ、「やさしく説明すること」は、つくづく「難しい」と思う。

とはいえ、それは、こちらの理解がどれだけ正確かを試される場面でもある。その分、こちらの教育能力が鍛えられるというわけだ。

その意味で、英書講読の学生諸君には感謝している。これからもよろしくお願いします。

|

« やさしく説明することのむずかしさ:今日の英書講読を終えて | トップページ | 脚注作業続行中:第二章まで終えました »

コメント

ちなみに、少し研究の面からコメントしておくと、この英書講読で用いているのは、V. Vanbergのハイエク進化論批判の論文である。ハイエク研究の世界では非常に有名な論文の一つに挙げられると思う。

このVanbergの論文は、ハイエクの進化論に関して私が議論を展開する上で、決定的に重視しているものだ。現在執筆中の博士論文の第3章で、詳しく議論しておいた。

私の論文が公表された暁には、読んでいただければ幸いである(まだ先のことであるが)。

投稿: 山中優 | 2005年11月 4日 (金) 16時58分

久しぶりです。確かにやさしく教えるのと多く教えるのは相矛盾してしまいます。今日はこれからワシントンへ発つところです。帰京したら、またこちらのブログにコメントします。

投稿: 舎 亜歴 | 2005年11月 5日 (土) 09時52分

舎亜歴 様

コメントをありがとうございました。ご渡米の無事をお祈りしています。

投稿: 山中 | 2005年11月 6日 (日) 04時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やさしく説明することのむずかしさ:今日の英書講読を終えて | トップページ | 脚注作業続行中:第二章まで終えました »