« 第3章の脚注作業:3分の2終了 | トップページ | 必要な早朝の寒さ対策 »

2005年11月26日 (土)

私の英語はまだ赤ん坊:日常語からやり直す決意

私は2年前からECCに英語を習いに行っている。研究の仕事に必要となるからだ。昨年は英会話クラスだったが、今年は時事英語クラスをとっている。通っているのは毎週木曜日の夜である。

一昨日は、今年度2回目のカウンセリングの日だった。自分の現在の英語力を振り返り、これからの課題を明らかにするのである。今回のカウンセリングで相談したのは、英語を「話す」ことについてであった。おかげで、自分の英語力の現状について、冷静に見つめ直すいい機会となった。

英語のレッスンに通い、また普段からできるだけニュース英語などに触れるようにしているおかげで、リスニング力については、このまま続けていけば着実に伸びていく手応えは感じ始めていた(完全に聞き取るにはまだまだであるが…)。

しかしながら、依然として、ディスカッションで自分の言いたいことが、私の日本語と同じレベルで言うことができない。今の私の英語力では、微妙なニュアンスを英語で伝えることができないのである。

私のこれまでの英語体験は、圧倒的に「英語→日本語」であった。それも「読むこと」にかんするそれである。最近は「聞くこと」の方にも徐々に慣れてきたが、「読むこと」にせよ「聞くこと」にせよ、あくまでもそれは英語の“インプット”である。

しかし、それだけではいよいよ飽き足らなくなってきた。今度は「日本語→英語」、すなわち英語の“アウトプット”をしたくてたまらなくなってきたのである。あるいは、「日本語でまず考えてから、それを英語で言う」のではなく、むしろ思い浮かんだ内容を、日本語を介さずにダイレクトに英語で表現したくなってきた、という方が正確かもしれない。

そういう観点から自分の足元を見つめなおしたとき、自分の身の回りにある身近なものを英語でどう言い表せばいいのか-それが分からないものがたくさん、実にたくさんあふれていることに、今さらながら気がついた。いわば、まだ言葉を覚えていない“赤ん坊”のような気分になったのである。

以前に買って本棚に置いておいた『話すための英語:日常会話編』(井上一馬著、PHP新書、1999年)を手にとって改めて読んでみると、その上巻まえがきには、次のように書いてあった:

日本で行われている英語の試験は、大学受験を筆頭に今でもまだ論説文を中心にした長文読解に重点が置かれているため、〔中略〕日常会話とかなりかけ離れた抽象的な言葉や難解な文章をまず勉強しなければならなかったから〔話せるようになることが至難の業だったの〕です。〔原文改行〕しかしながら、それをやってしまうと、土台ができないうちからその上に家を建ててしまうようなもので、いつまでも英語力がフラフラと安定しないものになってしまいます。頭でっかちになってしまうのです。(10頁)

まさにこれまでの私の英語力は「頭でっかち」だったのであり、土台のシッカリしないフラフラのものだったのである。中級程度から上級・最上級へと伸びていけなかったのも当然であった。

「私の英語はまだ赤ん坊」-今さらながらこう自覚できたことで、かえって非常にスッキリした気分になった。それなら、ちょうど我が家の2歳になった娘が今ちょうど言葉を覚え始めたように、私もいわば、英語の世界に生まれて今まさに言葉を覚えようとしている赤ん坊のように、日常語から覚えていけばよいのである。そうすることで、もっともっと英語が好きになれるに違いない。

そのような訳で、いわば“英語の赤ん坊”のような気分で、日常語からやり直す決意をした次第である。

|

« 第3章の脚注作業:3分の2終了 | トップページ | 必要な早朝の寒さ対策 »

コメント

こんにちは。ココログの英語コーナーからやってまいりました。日常語からやりなおすとおっしゃっている点、恐縮ですが、私には賢明な選択に思えません。英語の7割、8割はカタマリの世界で、きちんとした人が自分の意見を発表し、相手の突っ込みの応じるのもすべてカタマリの世界です。日常語ではなく、論文でよく使われる表現、会議や交渉の表現をひとまずカタマリとして、必要なときに口をついて出るぐらいに暗記した方が人生が充実すると考えます。

投稿: 日向清人 | 2005年11月26日 (土) 08時50分

日向様

コメントを誠にありがとうございました。

私の言葉足らずで誤解を招いてしまったことをお詫びいたします。「論文でよく使われる表現、会議や交渉の表現」は、私の仕事上、当然のこととして、それ以外に日常語も、という趣旨でした。これまであまりにも、抽象的な語句に偏りすぎていたものですから…。

コメントに感謝申し上げます。もちろん、「きちんとした人が自分の意見を発表し、相手の突っ込みの応じる」ことには、これからも励みます(ディスカッションは好きです)。ありがとうございました。

山中優

投稿: 山中 | 2005年11月26日 (土) 09時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第3章の脚注作業:3分の2終了 | トップページ | 必要な早朝の寒さ対策 »