« 研究会の恩恵:重要な加筆・修正の絶好の契機 | トップページ | 今年の目標:「時間のさらなる有効活用」 »

2005年12月19日 (月)

国際政治論:テキスト採用の理由&授業運営方針について

伊勢学舎での国際政治論では、ジョゼフ・S・ナイ・ジュニア『国際紛争:理論と歴史[原書第5版]』(有斐閣、2005年)を用いて授業をしているが、10月からすでに始まっている半期の授業としてはすでに終盤にさしかかろうとしているこの時期に、遅ればせながらであるが、受講生諸君に、シラバスには書き切れなかった説明を、ここで補っておきたい。

2単位の、授業回数が大変限られた講義であるにもかかわらず、300頁あまりにもわたるこのテキストを採用したのは、この講義を国際政治の世界への入り口としてもらい、単位をとった後にも、ぜひ諸君自身が自主的に国際政治について考えるときの「よすが」の一つとしてもらいたい、という理由からである。

講義でも以前に少し述べたが、一昨年度--隔年講義となったので、前回は一昨年度となる--までずっと使用してきたのは、高坂正尭『国際政治:恐怖と希望』(中公新書)と、野田宣雄『二十世紀をどう見るか』(文春新書)の2冊であった。前者は1966年に刊行されたのだが、それ以来、版を重ね続け、私の手元にあるのは、「1998年6月25日39版」である。要するに、今も売れ続けている名著である。ただ、時代が少々古いので、現代のことを補うために、後者もテキストとしていたのであった。いずれも新書ながら、名著である。

新書であるから手頃な価格で手に入れられるし、しかも名著であるという理由で、平成12年度から伊勢学舎で国際政治の講義を担当するようになって以来、(平成15年度までは毎年講義であったから)4年間ずっと、この2冊の新書をテキストとして、授業を行なってきたのであった。

ところが、単位認定はずっとレポート試験によって行なってきたのだが、明らかに互いに写し合ったと思われる答案が徐々に散見されるようになり、平成15年度にはその発生件数がもっともひどくなった。内容上の誤りのみならず、誤字までが全く同じだったのだから、見逃しようがなかったのである。

当然、毅然として厳正に対処し、そのような答案はすべて単位不認定とした。成績交付後、不認定の理由を聞きに来た学生も何人かいたようだが、事務方よりその理由説明をされると、皆おとなしく引き下がったそうだから、みな「身に覚え」があったのだろう。私の目は、不正を見逃すほどの“フシアナ”ではないのである。

それでホトホト懲りたのである。「どんな方でもどうぞ受講してください」というオープンな態度で授業をし、毎年200名を超える受講者であったが、私語の問題も徐々に深刻化してきていた。

要するに私の姿勢が「甘すぎた」わけだ。「この先生なら私語をしても、不正をしても、大丈夫では…」と思わせるようなスキを見せてしまっていたということだ。それを大変反省したのである。

そこで、今年度からは、思い切って、敷居を高くしてみた。分厚く、価格も2600円という値段のテキストを使用し、しかも学期末のレポート試験ではなく、毎回の授業で小テストを行なうようにするというように、授業運営の方針をガラッと転換し、真面目な学生に受けてもらうようにしたのである。

別に人数を減らすことを考えたわけではない。真面目でありさえすれば、大人数でも大歓迎だったのだが、結果的に、受講者数は大幅に減った。現在、出席者はだいたい70名前後である(履修登録者は100名以上であったが、出席回数の足りない学生が規定どおり受験資格を失うことはもちろんである)。

そのような訳で、テキストは大部なものであるにもかかわらず、授業回数は極めて限られているため、授業では細部にわたっては説明できない。要点のみを抽出して、それを分かりやすく整理して諸君に提示することができるだけである。そういう意味で、授業で諸君に示せるのは、本書の幹の部分(それも全部ではなくてその一部)であり、幹から豊かに繁茂している枝葉の部分については、授業ではすべて割愛せざるを得ないのが、大変残念である。

しかしながら、それは他方では、授業の明快さを確保できる、ということでもある。諸君は、この内容豊かなテキストから、授業でその骨組みにあたる部分について明快に整理された知識を身につけてもらいたい。そして、授業をすべて受け終えた後は、諸君自身の力で自立して、国際政治の世界にも関心を持って、一人の人間として考えていってほしい。

そのための入門として、この授業が諸君の役に立つものになることを切に願って、授業を行なっている次第である。

|

« 研究会の恩恵:重要な加筆・修正の絶好の契機 | トップページ | 今年の目標:「時間のさらなる有効活用」 »

コメント

以前、テキスト採用の理由について生意気な口を聞いてしまった奥田です。
私自身、恥ずかしながら大学5年目となり、国際政治も友人と共に(登録ミスで単位認定はされませんでしたが)受講させていただきました。
確かに、以前の講義では学生数が多く、講義中の私語も多く、私自身半ばいらいらしながら受けていたという状態でしたので、現在のような静かな雰囲気で受講できるということは大変喜ばしいことです。
国際政治については世界史のレベルでしか分かりませんが、社会科が大変好きな者にとって幸せな時間となっています。
講義が終わったあとも使用中の教科書を読んで、少しでも国際政治の裏側について知りたいと思います。
長々と失礼しました。伊勢にも雪が降って、寒くなっています。どうか体調を崩されないようにご自愛くださいませ。

投稿: 受講生、オクダです | 2005年12月19日 (月) 22時18分

奥田君、

コメントをありがとう。興味深く受講できているとのこと、何よりです。どうぞこれからも頑張って下さい。

山中優

投稿: 山中 | 2005年12月20日 (火) 06時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 研究会の恩恵:重要な加筆・修正の絶好の契機 | トップページ | 今年の目標:「時間のさらなる有効活用」 »