« 博士論文まだ完成せず:ただいま推敲・加筆・修正を続行中 | トップページ | 国際政治論:単位認定基準について »

2006年1月18日 (水)

結論補強の必要あり:また時事問題を取り上げます

推敲・加筆・修正を続行中の博士論文草稿だが、その結論部分について、もっと補強する必要性を感じるようになった。

この草稿の構成は序章+四章+終章の全六章構成だが、この終章は、以前に書いたある論文を踏襲したものだ。ところが、これを今回、博士論文の終章に組み込むに当たっては、その結論部分を、草稿全体の議論を踏まえ、かつ現代の国際情勢に照らし合わせつつ、もっと大幅に補強すべきだと思うようになったのである。というのも、今のままでは、この博士論文草稿を締めくくるには、少々弱い--尻切れトンボとなってしまっている--という印象を拭えなくなったからである。

だとすると、この結論部分をもっと生き生きとしたものにするためには、やはり新たに書き下ろさなければならなくなるわけだ。どうやら、博士論文草稿の完成目標を「今月末まで」へと延長しなければならないようである。

というわけで、ここのところずっと、本欄ではもっぱら「研究プロセス」のカテゴリーに属するような記事ばかりとなっていたが、このあたりでまた、最近の国内・国際情勢の趨勢をめぐって気になってきたことを、博士論文草稿への下書きのために、本欄に書いていくことにしようかと思っている。

特に気になっていたのは、国際情勢で言うとWTO香港会議の結果であり、またそれを考えるために精読すべき文献としては、ロバート・ギルピン『グローバル資本主義:危機か繁栄か』(古城佳子訳、東洋経済新報社、2001年[原著2000年])である。

また、わが国の国内情勢で言うと『希望格差社会』や『下流社会』と題された書物がベストセラーになり、「勝ち組・負け組」といった言葉がやたらと使われるようになった社会風潮であったり、また昨日より大きく報道されるようになったライブドア問題に象徴されているような投機経済の問題であったり、である。

本欄の記事について振り返ってみると、時事問題について書いていたのは、せいぜい9月までであり、それ以降はもっぱら「研究プロセス」についてだったように思うので、9月まで本欄の時事問題についての見解を読んで下さっていた読者諸賢には、もしかすると退屈な思いをさせてしまっていたかもしれない。

数日前に、試しに私の名前(山中優)を入力して検索エンジンで検索してみたら、リンクの可否について私に直接聞いてくださった方のブログにばかりではなく、私の知らないところでも、その他のいくつかのブログに本欄へのリンクが貼られていたので、我ながら驚いたものであるが、そのような読者の皆様におかれては、昨年の秋以降、本欄を興味深く読まれた方々は少なかっただろうと思う。私としても、博士論文執筆に専念している間も、もちろん、数多くの時事問題について大いに気になっていたのであるが、それについて本欄に書く時間を取れないでいたことについて、どうかお許し願いたい。

ともあれ、本日以降またしばらくは、私の博士論文の執筆に関係し、その結論部分を補強するために必要な時事問題について、本欄に書き綴っていくことになろうかと思うので、お付き合いいただければ幸いである。

|

« 博士論文まだ完成せず:ただいま推敲・加筆・修正を続行中 | トップページ | 国際政治論:単位認定基準について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 博士論文まだ完成せず:ただいま推敲・加筆・修正を続行中 | トップページ | 国際政治論:単位認定基準について »