« 身障者サッカー親善大会に参加(1) | トップページ | CNN ENGLISH EXPRESSのフル活用を決意 »

2006年9月 7日 (木)

身障者サッカー親善大会に参加(2)

前回の記事から少し日があいてしまったが、今日はその前回の続きを書くことにしよう。

昨年、本当に久しぶりにこの「身障者サッカー親善大会」に参加した。トレーニングがまったく充分ではなかったので、思うように体がシャープには動かなかったが、トレーニングが足りなかった割には、ほどほどに体が動いたのは、うれしい驚きだった。

といっても、やはりトレーニングが足りていなかったという事実に変わりはなかった。なかでも迂闊だったのは、基本中の基本たる「ウォーミングアップ」の重要性をすっかり忘れていたことだった。試合前にそれを怠っていたため、試合は20分ハーフ--すなわち前後半20分ずつの計40分--だったのだが、その最初の20分間はとてつもなく疲れてしまい、もう全然動けないと思われるほどだった。

ところが、その試合の後半の20分ハーフを休ませてもらったら、だんだん回復してきて、かえって体がよく動くようになった。つまり、「ひと汗かいた後の方が体がよく動くようになる」という基本を、「そういえばそうだった…」とその時初めて思い出したのである。なんとも恥ずかしい話だが…。

そんなことが去年あったので、今年は当日の試合前のウォーミングアップを入念に行なった。のみならず、前の日の晩から体をほぐすことを心がけた。つまり、前日夜のお風呂上がりにストレッチ体操を入念に行なったのである。翌日の試合当日の朝にもお湯につかり、体をほぐした。試合開始(9:30)の一時間半前(8:00)にはグラウンドに出向き、準備体操やランニングを念入りに行い、「ひと汗かいておいた」のである。

そのおかげで、今年も20分ハーフの試合を二つ--しがたって、計80分--行なったのだが、二つともフル出場することができた。去年よりも体の動きはよかったので、プレーしていて、本当に楽しかった。実は何人かの方から「よく動いてたなぁ…」と褒められたのだが、それはまさに望外の喜びだった。

しかしながら、まだ普段のトレーニングが足りていなかったことに変わりはなかった。去年の親善大会を終えてから、「来年に向けては運動するぞ!」といったんは決意したものの、その決意が長くは続かず、結局は普段の生活の中でトレーニングらしいことは殆どできずに終わったことは、実は去年とあまり変わっていなかったのである。実際、ある程度は走れたものの、さらにスピードを上げようとすると、大腿部が「もうこれ以上はできませ~ん!!」と悲鳴を上げそうになるのを感じた。要するに筋力不足だったのである。そのため、スピーディで切れ味の鋭いプレーは全くできずに終わったのであった。

にもかかわらず、今年は「楽しい」と思えるほどには動けたのには、次のような理由が挙げられると思う:

①タバコをまったく吸っていないこと→心肺機能を極端には衰えさせていなかった
②夏でも極力クーラーを使っていなかったこと→夏の暑さに体が慣れていた
③普段から階段を使い、エスカレータやエレベータは使わなないようにしていたこと→歩く運動は多少はできていた

もっと遠くの原因を探れば、「昔取った杵柄」と言うように、小学校・中学校・高校とずっとスポーツをしてきたということもあるだろうが、それ以来、本格的なスポーツからは殆ど全く遠ざかってきていたにもかかわらず、今年はあれだけ動けたのには、上記の①~③の理由があったのである。無論、この①~③はずっと続けている習慣だから、去年にも当てはまることだったのだが、いずれにせよ、たったこれだけのことでも非常に大きな効果を発揮したことを思うと、普段の生活習慣がいかに大切かということを、改めて実感できたような気がする。

そして、去年と違っていたもう一つのことは、終わった後、「来年に向けて、運動したいな」と自然に思えたことだった。去年は「運動しなければ!…でもちょっとシンドイかも」としか思っていなかった。ところが今年は「運動はやっぱり楽しい!」と思えたのである。この体を動かす楽しさは、もう理屈抜きでそうなのだ、ということを今年は思い出せたのである。

去年が本当に久しぶりの参加だったので、それを「一回目」と数えると、今年は二回目の参加だった。来年は三回目である。“三度目の正直”ということわざがあるが、来年はまさにそうなってくれるような気がして、今からワクワクしている。

そんなわけで、来年に向けては、普段から楽しんで体を動かしていこうと思う。それはきっと、教育と研究の仕事にもプラスに働いてくれるに違いない。

|

« 身障者サッカー親善大会に参加(1) | トップページ | CNN ENGLISH EXPRESSのフル活用を決意 »

コメント

おはようございます。
3つ挙げられている中で私は1番上のタバコを吸わないというのしか当てはまらないことに気づきました!!でも親がヘビーなので受動喫煙で…。
運動は苦手ですが、交流ならばやはり話は別。日記を読ませていただいて、とても楽しそうな雰囲気が伝わってきました☆

投稿: N.ゆかり | 2006年9月 8日 (金) 09時55分

N.ゆかりさん、

適度な運動は体にとってもいいですヨ。オススメです。適度な運動を、たとえばウォーキングなんかを、少しずつでいいですから、始めてみてはいかがですか? ご飯も、これまで以上に、おいしく食べられるようになりますよ。

もっとも、あまり初めから頑張りすぎないようにはお気をつけ下さい。「過ぎたるは及ばざるがごとし」ですから…。“適度な”運動がオススメです!

投稿: 山中 | 2006年9月 8日 (金) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 身障者サッカー親善大会に参加(1) | トップページ | CNN ENGLISH EXPRESSのフル活用を決意 »