« 電気事業の“自然独占”のゆくえ(1) | トップページ | ただいま校正作業中 »

2006年11月11日 (土)

Googleの便利さに感服

ここ数日ずっと、不思議に、非常に早い時間に眠たくなり、夕飯後すぐにコテンと寝てしまっていた。体が体力回復のために睡眠を要求していたのかもしれない。そのために今月に入ってからも更新がしばらく滞っていた。本来なら前回11月1日に始めた連載の続きを書きたいところだが、以下に述べる事情から、その続きは後日に回させていただくことにしたい。

というのも、実は今、校正作業中だからである。来年3月出版予定の拙著の初校刷が出版社から届けられた。期限は2週間と言われているので、今はこの作業に専念して、手際よく進めていく必要がある。さもなければ、出版時期が遅れてしまい、出版社に大きな迷惑をかけることになってしまうからだ。そんなわけで、授業等の大学での仕事以外では、今はこの作業に専念しなければならない。

その初校の際、編集者の方との約束で、今回の本の中で取り上げている研究者の経歴・所属・研究内容などの情報を、読者のために加筆することになっている。その情報について、最新のものを確認するために、改めて調べておくことにした。その際に重宝しているのが、今回のタイトルに掲げたGoogleである。

このGoogleに検索ワードとして、たとえばKukathasとかVanbergなど、研究者の名前を入れて検索すると、瞬時に、その検索結果を表示してくれる。つくづく感心するのは、その際、信頼できるサイトのURLを、キチンと最初に表示してくれることだ。昔なら、図書館で奔走して、いろいろな書誌で調べなければならないところだったはずだが、今では自宅や研究室にいながらにして、瞬時に重要な情報を手に入れることが出来るのだから、本当に便利になったものである。

以前の私はこのGoogleを、たんなる検索エンジンと思っていただけだったが、梅田望夫『ウェブ進化論:本当の大変化はこれから始まる』(ちくま新書、2006年2月刊)によると、実はもっともっとスゴイものらしい。というのも、このGoogleのねらいは「知の世界を再編成する」という、とてつもなく大きなものだからだ。

つまりGoogleは、自らのミッションを「世界中の情報を組織化し、それをあまねく誰からでもアクセスできるようにすること」と定義しており、「世界政府っていうものが仮にあるとして、そこで開発しなければならないはずのシステムは全部グーグルで作ろう。それがグーグル開発陣に与えられたミッション」だと考えているというのである(『ウェブ進化論』50ページ)。

このグーグルのすごさ、その革新性の本質については、私もまだその全貌をよく理解できていないので、上記の梅田望夫氏の説明に委ねさせていただくが、とにかくグーグルというのは、たんなるサーチエンジンではなく、本当はもっとスゴイものらしいのである。

いずれにせよ、このグーグルのおかげで、重要な情報を調べる作業が格段に楽になった。感謝あるのみである。

|

« 電気事業の“自然独占”のゆくえ(1) | トップページ | ただいま校正作業中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 電気事業の“自然独占”のゆくえ(1) | トップページ | ただいま校正作業中 »