« 博士号取得へ向けて | トップページ | グリーン・リベラリズムにふさわしい“自由”とは? »

2007年3月 1日 (木)

3月を迎えて

あっという間に2月が終わってしまった。今年の2月はとくに早く過ぎていったように感じる。

さて今日から3月を迎えたわけだが、今年は月が改まるたびに、新年を迎えたときほどではないが、「年明け」ならぬ「月明け」の気分を味わうようになった。今日もその「月明け」の新鮮な気分である。

先月の反省は、気持ちが少々落ち着かなかったことだ。気持ちの上で焦ってしまい、仕事に「追われて」しまった。そうこうしているうちに、あっという間に2月が終わってしまったのである。

気持ちが落ち着かなかった原因は、やるべきことをノートに書き留めず、頭の中だけで「え~っと、あれをして、これをして…」とあれこれ考えてしまっていたことだ。そこで、昨晩、新たな月を迎えるにあたって、やる必要のある仕事のリストを、小さなノートに、思いつくままに箇条書きにした。そうするとやはり、そうして書き出してみるだけで、気持ちが落ち着いてくるのである。書き出したリストを眺めていると、自ずから、こなしていく仕事の順序も見えてくる。そうしておおまかなスケジュールをイメージできれば、着実に仕事をこなしていけるのである。

こうすればよいということは、もうすでに承知のことだったのだが、今年に入ってからは、それをちょっと怠っていた。新たな月を迎えるにあたり、それを再開して、仕事を順調にこなしていこうと思っている。

|

« 博士号取得へ向けて | トップページ | グリーン・リベラリズムにふさわしい“自由”とは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 博士号取得へ向けて | トップページ | グリーン・リベラリズムにふさわしい“自由”とは? »