« Googleアラートで温暖化ニュースをチェック | トップページ | 中国政治経済の勉強を開始(3) »

2007年4月24日 (火)

中国政治経済の勉強を開始(2)

授業の合間を見て、中国の勉強を少しずつ続けている。私にとって全く未知の分野であり、まだ勉強を始めたばかりなので、試行錯誤の連続である。現代中国の政治経済の根底にひそむ社会構造や政治文化のありさまについては、まだまだよく分かっていない。

それでもおぼろげながらに分かってきたことは、中国では、人的ネットワークが決定的な役割を果たしており、それが企業の経営組織においても、中央・地方政府での権力関係においても、非常に重要な要因となっているらしいということである。そのために、往々にして公と私とが融け合ってしまい、権力が私的に行使されることが多くなってしまうらしいのである。そこには、中国が伝統的に帝国でありつづけたこと、その帝国において家産制的な支配が行われてきたことが強く作用していると言えそうである。このことは、現代中国の改革開放路線において、大きな混乱要因となっているかもしれない。

しかしこれはまだ、私にとってはおぼろげな理解にすぎないので、まだまだたくさん本を読んでいかねばならない。幸い、私にとって重要となりそうな文献にどんなものがあるかも徐々に分かってきており、その注文も今日できたので、入手でき次第、読み進めていこうと思う。私の中国勉強は、まだまだこれからである。

|

« Googleアラートで温暖化ニュースをチェック | トップページ | 中国政治経済の勉強を開始(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Googleアラートで温暖化ニュースをチェック | トップページ | 中国政治経済の勉強を開始(3) »