« 初めてのカメの世話 | トップページ | 工場式畜産の問題点 »

2007年6月29日 (金)

環境家計簿で暮らしのCO2ダイエット

地球温暖化=気候変動問題をテーマとした総合演習(教職)の授業の一環で、「環境家計簿」を受講生諸君につけてもらうことにした。個人・家庭での取り組みへの意識を高めてもらうためである。実はわが家でもまだつけていなかったので、今月からつけ始めることにした。

「環境家計簿」にもいろいろな種類があるようだが、私の場合は、環境LOHASのホームページ掲載のものを使用することにした。ここには家庭内での活動による排出量のみならず、ガソリンの使用も計算することになっているから、移動に伴う排出も考慮されている。

これでわが家での今月のCO2排出量を計算してみたところ、239kgだった。上記の環境LOHASのホームページによると、日本の一般家庭の年平均が約3.5トン~6トンだから、月平均に直すと約290kg~500kgが一般家庭の平均排出量となる。わが家の場合239kgだったから、平均値を下回っていたことになる。これはなかなか嬉しい数字だった。普段からいろいろとちょっとしたことで、不必要な電気や水道の使用を控えるようにしてきた成果だったように思う。

とはいえ、改善の余地はまだまだある。とくにコンポストを活用してのゴミの削減は全く手つかずである。家庭菜園を持っているわけではないので、たとえ生ゴミやその他分解可能なものを堆肥化したとしても、その堆肥の活用先がまだ全く分かっていないのである。なので、コンポストもまだ購入していない。これは全くこれからの課題である。

とはいえ、わが家のCO2排出量が平均値を下回るものだったことは、やはり嬉しかった。これからも楽しく、ゲーム感覚で、「暮らしのCO2ダイエット」(これは東京電力によるキャッチフレーズだが)をすすめていきたいと思う。

|

« 初めてのカメの世話 | トップページ | 工場式畜産の問題点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初めてのカメの世話 | トップページ | 工場式畜産の問題点 »