« カーボン・オフセットとエコファンド | トップページ | 取り越し苦労は百害あって一利なし »

2007年9月12日 (水)

気候変動と安全保障:英研究所の警告

英国の有力なシンクタンクである国際戦略研究所が、気候変動を安全保障に直結する課題とし、各国に早急な対策を呼びかけた「戦略概観2007」を発表したことを、読売新聞のウェブサイトが伝えていた(「地球温暖化」が紛争の種にも…英研究所が警告、対策訴え)。

地球温暖化については、総合演習や政治学概論などの授業で取り上げているが、学生諸君には、地球温暖化=気候変動問題が、単に環境問題にとどまるものではなく、安全保障問題にも直結する問題であることを知っておいてほしいと思い、ここにお伝えする次第である。私の授業を聞く際の参考にしてもらえれば幸いである。

学生諸君のための追記:上記のリンクのうち、読売新聞のサイトの記事は、更新が日に日に進むにつれ削除される可能性があるが、「戦略概観2007」についてはおそらくその心配はないだろうから、詳しくはそちらを参照されたい(ただし英語であるが)。その英語原文の文書全体は、国際問題研究所の会員でない場合は購入する必要があるようだが、その要約版のファイル(PDFファイル)は、誰でも無料でダウンロードできる。

|

« カーボン・オフセットとエコファンド | トップページ | 取り越し苦労は百害あって一利なし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カーボン・オフセットとエコファンド | トップページ | 取り越し苦労は百害あって一利なし »