« モーツァルト交響曲「ジュピター」を聴く | トップページ | 精読と速読 »

2007年10月30日 (火)

『ハイエク後の社会主義』を読む(4)

本ブログ10月12日の記事で挙げておいた文献を頼りにアマルティア・センについて--とくにその「潜在能力アプローチ」について--おおよその知識は得たので、それを踏まえつつ、『ハイエク後の社会主義』(Socialism after Hayek)第5章を読んだのだが、その読後感は、「う~む…ちょっと難しいなぁ……」というものだった。

その「難しい」というのは、今すぐ私自身の問題関心とうまく融合させるのが難しい、という意味である。というのも、著者Burczak のねらいが、ハイエク的自由主義の欠点を克服しつつ、それを発展させていく--ということよりも、むしろ、あくまでも社会主義の現代的再生のために、ハイエクをその再生のための試金石に(のみ)活用することにこそあるということが、本書第5章(あるいは第6章以降)の議論から、よく見えてきたからである。考えてみれば、本書の表題そのものからして、それは当然のことだったのかもしれない。

だが、現在の私の問題関心は、あくまでも自由主義の立場に自らを置きつつ、ハイエクの限界をいかにすれば克服できるかという問題の探求にあるから、その私自身の問題意識と本書のそれとは、(少なくとも現段階では)うまく融合させにくいのである。私自身は旧ソ連崩壊以降の社会主義陣営内での議論状況に通暁していないため、本書の議論にこれ以上ついていくことは、少なくとも現段階においては、少々苦痛を伴うものとなってきた。

そこで、とりあえず本書を読み進めていくことはここで止めて、明日から別の書物へと移ることにした。それは、次の書物である:

J. C. Espada, Social Citizenship Rights: A Critique of F. A. Hayek and Raymond Plant (Macmillan Press, 1996)

本書は、自由主義の立場に立ちつつ、ハイエクの新自由主義とR・プラントの社会主義とを共に批判した書物であり、英オクスフォード大学で博士号を取得した学位論文である。すでに以前にも一度、かなりの程度読み進めた本なのだが、まだ最後までは通読していないので、今回、新たな気持ちで再読してみたいと考えたのである。

また、次の書物も、すでにかなり綿密に読み進めてきたものの、まだ完全には消化し切れていない本である:

J. Shearmur, Hayek and After: Hayekian liberalism as a research programme (Routledge, 1996)

本書も自由主義の立場に立っているが、その特色はフェビアン社会主義者だった青年ハイエクにも目を配りつつ、ハイエク的自由主義のジレンマを鋭く指摘している点にある。そのジレンマの指摘にかんしては拙著『ハイエクの政治思想』の執筆に際してかなり活用させていただいたのだが、著者自身の思想的立場についてはまだ消化不良に終わっているので、この本も依然として気になっている書物なのである。

そのような訳で、今後は上記の2冊を読むことで、研究を進めていこうと思う。『ハイエク後の社会主義』の読書は、現在の自分にとって、今すぐ研究成果につながるものではなかったが、研究プロセスにおいて、こうした試行錯誤は常につきまとうものである。くじけず、柔軟に粘り強く、これからも研究を進めていきたい。

|

« モーツァルト交響曲「ジュピター」を聴く | トップページ | 精読と速読 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モーツァルト交響曲「ジュピター」を聴く | トップページ | 精読と速読 »