« 野口健氏の講演会 | トップページ | 『ハイエク後の社会主義』を読む(4) »

2007年10月25日 (木)

モーツァルト交響曲「ジュピター」を聴く

10月に入って以来、授業や学生委員長としての仕事の合間を縫っては、少しずつ--本当に少しずつ--研究を進めている毎日だが、そのような日々のなかで私の心の糧のひとつになっているのは、モーツァルトの交響曲第41番「ジュピター」を聴くことである。というのも、研究をしていると、ともすると心が深刻になりがちなのだが、このジュピターを聴くことが、私を明るくしてくれるからである。

大学生時代には、もっと深刻なクラシックを聴いていた。最もよく聴いていたのは、マーラーである。とくに交響曲第5番・第6番をよく聴いていた。第1番「巨人」、第2番「復活」もよく聴いたし、ときには第9番のCDをかけて、ぎゅーっと胸が締め付けられる思いがしながらも、その哀歓に酔うこともあった。

その他には、ベートーベン、ブラームス、ブルックナーといったところがお気に入りだった。といっても、クラシック音楽鑑賞の趣味を極めているわけではなく、詳しいわけでは全くないが、それでも音楽の中で一番好きなジャンルは、やはりクラシック音楽、とくに交響曲だった。大学生時代には、そのクラシック音楽のなかでも、深刻な大長編を好んで聴いていた。モーツァルトも聴いていたが、どちらかというと、ベートーベン以降の作曲家に比べて、モーツァルトはやや迫力に足りないような感じを覚えたものである。

ところが今では、もうすっかりモーツァルトを専ら聴くようになった。おそらくそれは、私の心が底抜けの明るさ・悦びを求めるようになったからである。

もちろん、モーツァルトにも短調の名曲がいくらでもある。交響曲で言うとたとえば第40番がそうだし、ピアノ協奏曲なら第20番が私のお気に入りだ。モーツァルトのレクイエムも(少なくともモーツァルト生存中に作曲された部分は)秀逸だと思う。それにあの「アヴェ・ヴェルム・コルプス」の天上楽のような透明感は聴く者の心を強く揺り動かす。

それでもやはり、私が一番好きなモーツァルトは、やはり交響曲第41番ジュピターである。音楽の訓練を専門的に受けてこなかった私には、その素晴らしさを言葉で説明することはできないが、とにかく、このジュピターを聴いていると、何かこう、人生を“大肯定”したくなる。理屈ぬきで「素晴らしきわが人生!」と心の中で叫びたくなるのである。

もちろん、ベートーベンもブラームスも、ブルックナーもマーラーも、それぞれがあまりにも有名な大作曲家であり、たとえばモーツァルトよりもベートーベンの方がお気に入りだ、という方も多いだろう。それはそれでよいと思う。だが今の私にとって、モーツァルトのジュピターに優る音楽はないのである。

そのような訳で、これからもこのジュピターを心の糧として、明るく研究に勤しみたいと思う。

|

« 野口健氏の講演会 | トップページ | 『ハイエク後の社会主義』を読む(4) »

コメント

こんばんわ、お久しぶりです。
クラシックは私もとても好きなので偏ってはいますが、よく聴いています。ジュピターはたまに聴く程度なので、また時間のある時に聴いてみようと思います。
特に私が好きなのはドヴォルザークの「新世界より」第4楽章という有名な曲です。時に激しく、時に穏やかに流れる曲調に人間の人生を重ねることができ、とても感動しました。
この曲は小学校の時にNHKのアニメとアニメの途中でうたの紹介があった時になんとなく聞いていたものなのですが、それが何年も経つうちに忘れるどころか鮮明になり、何やら気になって仕方なく、調べて聴くことにしたことがきっかけです。
先生のジュピターとの出会いはどのようなものだったのでしょうか。

それでは明日の授業を楽しみにしております。

投稿: ポケマス | 2007年12月13日 (木) 00時37分

ポケマスさん、

コメントをありがとうございました。ドヴォルザークの「新世界より」も有名な曲のはずですよね。ですが、どんな曲だったかは、恥ずかしながら忘れてしまいました(苦笑)。聴けば思い出せると思いますので、また聴いてみようと思います。

私のジュピターとの出会いは、私が小学生の頃に母が購入したSONYのモーツァルト全集(その頃はまだカセットテープでした)で聴いたときだったと思います。懐かしい思い出です。

投稿: 山中 | 2007年12月13日 (木) 14時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 野口健氏の講演会 | トップページ | 『ハイエク後の社会主義』を読む(4) »