« アマルティア・センの勉強を開始 | トップページ | 野口健氏の講演会 »

2007年10月15日 (月)

翻訳の仕事は毎日少しずつ

現在、研究面では、来年3月までが期限の仕事を二つ抱えている。論文1本の執筆(のための読書)と『ハイエク全集』第Ⅱ期第5巻「政治学論集」の翻訳、この二つである。

授業の合間を縫ってのこの研究の仕事については、これまで、この二つを隔週で交互に行っていく方針だった。だが、そうではなく、双方共に毎日少しずつ行なう方針に変えることにしようと思う。というのも、特に翻訳の仕事が、まとまった長い時間、集中的に行なうのはかなりハードだということが分かったからである。研究面で1週間まるまる翻訳だけ--というのは、少なくとも今の私にとっては、かなりきつい…。

やはり翻訳というのは神経を使う仕事である。だから毎日少しずつ進めていき、それをこまめに積み重ねていこうと思う。ちょうど語学の勉強のように。

|

« アマルティア・センの勉強を開始 | トップページ | 野口健氏の講演会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アマルティア・センの勉強を開始 | トップページ | 野口健氏の講演会 »