« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月30日 (金)

“ハイエク後の社会主義”の研究を断念

ここ数ヶ月ほどの間、“ハイエク後の社会主義”をめぐる議論を追ってきたが、その方向での研究を断念することにした。前回の記事で言及した David L. Prychitko, Markets, Planning and Democracy: Essays after the Collapse of Communism (Edward Elgar, 2002) をその後速読してみたのだが、Burczak にせよ Prychitko にせよ、ここでの議論は多分に経済学の分野におけるそれであり、これについて私の出る幕は、どうもなさそうだからである。このことについては、実は前回の記事を書いた11月15日の数日後に最終的な判断を下したのだったが、これまで記事を更新できずにいたため、ここに書くのが今日になってしまった。

きわめておおまかな要約であるが、私の読み取ったところによると、要するにここでの議論の焦点は、ハイエクの知識論を取り入れた「経済民主主義」の実現が可能かどうか、ということである。Burczak の『ハイエク後の社会主義』がそれを可能だとし、ハイエクの社会主義経済批判を乗り越える形での Labor-Managed Firm が可能だと考えるのに対して、オーストリア学派の Prychitko はそれを不可能だとし、むしろ経営者の企業家精神が重要だと考えている、というのが両者の間での違いのようである。

いずれにせよ、ここでの議論の主たるテーマは、「社会における知識の分散」を説いたハイエクの知識論をめぐるものだった。他方でハイエクが唱えていた自生的な秩序原理をめぐる問題は--私の期待に反して--議論の対象とは結局なっていなかったのである。

そのようなわけで、私が次に書こうとしている論文のテーマとして“ハイエク後の社会主義”の動向を取り上げることは、きっぱりと断念することにした。経済学の専門的な訓練を私は全く受けていないからである。

その代わりに既にここ2週間来、進み始めている研究方向は、実は、マイケル・ポラニーの自生的秩序論についてである。拙著『ハイエクの政治思想』の補論1で、ハイエクとポラニーの全体主義批判の違いについて論じたのだが、それを受けて、今度はポラニー自身の議論を本格的に追ってみよう、と考えたのである。

拙著の補論1でも書いたように、「暗黙知」や「自生的秩序」の概念を取り入れる上で、ハイエクがポラニーからの影響をはっきりと認めているにもかかわらず、その内容は、実はかなり相違している。そのポラニーの議論を「もう一つの自生的秩序論」として本格的に研究する価値はあるにちがいないと思うのである(少なくとも今の段階ではそう思っている)。調べてみると、すでに英米では盛んに研究されているようである。そうした研究動向を踏まえつつ、私自身の研究がどのように進捗しているかについては、また機会を改めて、本ブログに書き綴っていくことにしたい。

| | コメント (0)

2007年11月15日 (木)

ハイエク後の社会主義をめぐって:Th. Burczak と D. Prychitko

前回の記事で述べた Shearmur の本を速読したところ、だいたいその主張をおおまかにはつかめた(あるいは再確認できた)ので、別の本に移ろうと思い、以前に入手しておいた次の書物を研究室で今日ふと手にとってみたところ、この本が Burczak の Socialism after Hayek に非常に関連の深い書物であることが分かった:

David L. Prychitko, Markets, Planning and Democracy: Essays after the Collapse of Communism (Edward Elgar, 2002)

著者の Prychitko は、本書掲載の著者紹介によると、米国の北ミシガン大学経済学科長であるとともに、同じく米国のジョージ・メイソン大学--公共選択学派のメッカ--のジェイムズ・ブキャナン政治経済学センターでの「市場と制度」研究プログラムの Faculty Affiliate(「研究員」とでも訳せばよいだろうか)である。本書の Introduction によると、彼はハイエクが属したオーストリア学派の立場に立ちつつも、ハイエクを真剣に受け止めつつ社会主義を再生させようとするポストモダン・マルクス主義者--Burczak はその論客の一人であるが--との議論を真剣に続けてきた研究者である。

本書の Introduction を読むと、ベルリンの壁崩壊以降、市場と社会主義との関係をめぐって、すでに1990年代から活発に議論が重ねられてきたことがよく分かる。その議論を消化しつつ、わが国の状況に照らし合わせて考察を深めることは、ハイエク研究者の一人として、為すべき仕事の一つかもしれない。10月30日の記事で、「Burczak を読み進めることはいったん中止する」と述べたが、オーストリア学派の立場に立つ Prychitko を他方に置くことで、また新たに見えてくることもあるかもしれない。

とはいえ、この議論は政治学というよりは経済学の分野に近いのだが、経済学のみというわけでもない。むしろ、政治経済学の分野に属するといえるだろう。現にPrychitkoは「比較政治経済学」(comparative political economy)という言葉を使っている(上掲書, p. 1)。数理経済学ではないので、政治学畑の私にもついていける議論だろう--と信じて、今後はこの Prychitko の議論と照らし合わせつつ、Burczak の“ハイエク後の社会主義”の議論についての検討を再開しようと思う。

| | コメント (0)

2007年11月13日 (火)

精読と速読

本ブログを10月30日(火)に更新してから、いつの間にか、もう二週間が経ってしまっていた。前回の記事で挙げた2冊のハイエク研究書のうち、そのときに「明日から読もうと思う」と書いていた Espada の本ではなく、実は Shearmur の本を読み始めている。というのも、こちらの方がハイエク思想の全体像に真正面から取り組んでおり、よく考えてみると、私にとってこちらの方が気になる書物だということを再認識したからである。

ところが、実は今まで、この本を少し読みあぐねていた。というのも、一字一句逃さずに、細部にわたって精読することが私の得意とするところなのだが、逆に言うと、それは私には“精読”にこだわりすぎる傾向があるということであり、それが今回はかえって逆効果となっていたからである。

実を言うと、この Shearmur の Hayek and After という本は、非常に読みごたえのある本である。言い換えれば、なかなか読み進めにくい本なのである。論じられている内容も多岐にわたっていて、この著者のハイエクに真正面から取り組む姿勢には大いに感服するのだが、その中には、必ずしも今の私の問題意識に深くかかわるわけではない論点も数多くある。

ところが私には、とにかく最初から順番に一字一句逃さずに、じっくりと味わって読んでいこうとする癖があって、それが時には災いとなるのである。効率が悪くなり、そのうち、読書が苦痛になってきて、なかなか進まないことに対するフラストレーションがたまっていくことになる。

こういうときは、もうひとつの読書のスキルである“速読”を活用すべきだろう。それは、目次を読んで内容を予測することや、各段落の最初の文章のみをまずは拾い読みしていき、議論の大筋のみをまずはつかんでおく--といった方法である。この本には小見出しもたくさん付けられているが、目次にはそれが掲載されていない。そこで私は、かなり以前に、小見出しも含めた詳細な目次を手作りで作成しているのである。その詳細目次を活用して、私の問題意識に照らし合わせて、まず読んでおきたい小見出しのところを優先的に読んでもよいはずなのである。

実はこういった“速読”の方法を、1年生向けの基礎演習という授業では、学生に対して教えている(毎週水曜日の1講時目、つまり明日の朝である)。学生に対して教えているのに、自分のこととなると、ついついこれまでの「精読にこだわるクセ」が顔を出す--というのは、やはり矛盾しているというものだろう。

論文は来年3月が締切だし、もうひとつ、ハイエク全集第Ⅱ期政治学論集の翻訳の仕事も3月締切であることを考えると、もっと研究のテンポを上げていかねばなるまい。ここはひとつ、“速読”のスキルを活用して、研究のスピードをもっと上げていこうと思う。

| | コメント (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »