« 相互扶助を語る自生的秩序論:数理社会学における進化ゲーム理論 | トップページ | 翻訳に明け暮れた元日 »

2007年12月31日 (月)

2007年の回顧と2008年の抱負

もうすぐ終わりを迎えようとしている2007年は、その前半にいろいろな変化の起こった年だった。3月には初めての単著が刊行された(その後幸いにも一定の評価をいただいた)。4月には皇學館大学社会福祉学部で学生委員長になるとともに、我が家の一人娘が幼稚園に入園した。ところが6月には母が急逝。それを受けて11月中に喪中ハガキを出したため、今年は年賀状作成のない静かな年末である。

研究の上では、単著の刊行という大きな一区切りを迎えた後、次の新たな研究方向を模索する日々が続いた。試行錯誤の末に何とか辿り着いた構想は、さしあたって次の論文のテーマとして、ハイエク、進化ゲーム理論、およびマイケル・ポラニーといった議論(論者)を取り上げつつ、「自生的秩序論の諸相」を描いてみようか、ということである。昨年の大みそかに書いた「グリーン・リベラリズム」も勿論念頭においているが、その本格的な研究はもう少し先のことになりそうである。

ところで、実はその単著の刊行後すぐに、それを博士号請求論文として京都大学に提出したのだが、その口頭試問が12月20日に行われた。その学位申請が認められれば、3月に博士号を授与されることになる。

もう一つ研究関係の仕事では、春秋社によるハイエク全集第Ⅱ期の第5巻政治学論集の翻訳も、来年3月末が締切である。幸い共訳となったので、私の分担は半分(あるいはそれ以下)に減った。その分、締切に遅れる言い訳も(ますます)できなくなったので、この翻訳の仕事にも気合を入れて頑張らねばなるまい。

教育の上では授業のコマ数が増え、多用な日々が続いた。10月からは、本務校の皇學館大学のみならず、非常勤で大阪市立大学法学部(第2部)で政治学の授業を担当することにもなったので、毎週金曜日には大阪市の杉本町に通うことにもなった。来年度もその非常勤を継続する予定なので、多用な授業の日々が来年も続きそうである。

英語学習では、実はこれまで通ってきたECCを11月より3ヶ月間休学することにした。定期的に通う時間がとれなくなってきたからである。もしかすると、「英会話学校に通う」という形での英語学習は、このままやめることになるかもしれない。その場合には、それに代わる学習方法を模索していくことになるだろう。昨年の大みそかには「英検1級への挑戦」を目標に掲げていたが、結局今年はそれが出来なかった。来年にできるかどうかも少々怪しいが、目標としては抱き続けていきたいと思っている。

健康面では、5月の定期健診でなかなか良い結果が出るなど、基本的に健康な日々を過ごした。歯も丁寧に磨く習慣がすっかり身についたが、風邪で数回休講してしまったのは、昨年同様だった。来年こそは、休講をなくしたいものである。

来年の2月7日には39歳になる。不惑の40歳を迎えるまで、あと1年とひと月あまりである。不惑の年に少しでもふさわしいほどに成熟していけるよう、これからも真面目に生きていこうと思う。読者の皆さんも、どうぞ良いお年をお迎え下さい。

|

« 相互扶助を語る自生的秩序論:数理社会学における進化ゲーム理論 | トップページ | 翻訳に明け暮れた元日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 相互扶助を語る自生的秩序論:数理社会学における進化ゲーム理論 | トップページ | 翻訳に明け暮れた元日 »