« 人事も経理も中国へ:フラット化する世界 | トップページ | 相互扶助を語る自生的秩序論:数理社会学における進化ゲーム理論 »

2007年12月26日 (水)

マイケル・ポラニー文献収集記:ちょっとした失敗談

去る11月30日の記事でも述べたように、筆者は先月からマイケル・ポラニーの研究に着手しているのだが、そのための文献収集の際にちょっとした失敗があり、我ながら笑ってしまった。

マイケル・ポラニー関係の文献を色々と探し、入手していく過程で、ポラニーとハイエクとを比較した次の論文があることを知った:

Jacobs, Struan (2000) "Spontaneous Order: Michael Polanyi and Friedrich Hayek", Critical Review of International Social and Political Philosophy, 3:4, 49-67.

この論文タイトルから「これは是非とも入手せねば…!!」と思い、この学術雑誌(Critical Review of International Social and Political Philosophy, 以下 CRISPP と略記)の所蔵状況を国立情報学研究所の Webcat Plus で調べてみたのだが、残念ながら、日本の大学図書館にはこのCRISPPがほとんど入れられておらず、上記の Vol.3, No.4 に至っては所蔵が皆無であった。

それでいったん諦めかけたのだが、「ちょっと待てよ…」と思い直し、今度はGoogleを使って、CRISPP のフルネームを直接入力し、検索してみたところ、何と CRISPP ウェブサイトそれ自体が存在しており、そこから有料で上記の論文を直接購入できることが分かったのである!

それで大いに喜んで、オンライン上でセッセと手続きを進め、Mastercard での精算手続きも済ませ、無事に購入申込を完了した。それが先月の28日のことである。代金は US $25であった。

そうしてその後、「この論文のコピーが航空便か船便で送られてくるにちがいない」と思い、昨日までずっと首を長くして待っていたのだが、いつまでたっても一向に送られてこない。「これはおかしいな…」と思い、先月はその受信を簡単に確認していただけの注文確認メール(purchase confirmation)を今度はよくよく読んでみたところ、次の注意書きに目が点になった:

Note that purchased articles are available to view online or download for 72 hours from the time of purchase. No print article is supplied.

「ん? 購入時から72時間以内にダウンロード?? プリントされた論文は提供されない…???--シマッタ!!」 要するに、郵便でハードコピーが送られてくるのを待つのではなく、購入から三日以内にPDFファイルをオンラインでダウンロードすべきだったのである…!!

しかし、当然すでに期限切れ(expired)となっており、先の購入代金25ドルは、この失敗の代償として泡となって消えてしまった。結局、もう一度手続きを最初からやり直し、再度25ドルを支払って、今度は即座にファイルをダウンロードし、昨日無事に目的の論文を入手できたのであった。

この失敗に我ながら笑ってしまったのは、購入手続きをオンラインで完了させるまでは時代に適応していたのに、それが終わった途端、「ハードコピーの郵送を待つ」という旧式の発想に逆戻りしてしまっていた自分が、妙に可笑しかったからである。考えてみれば、この“フラット化”の進んだ時代に、オンラインでのダウンロードこそが当たり前なのであった。

いずれにせよ、25ドルの「レッスン料」を支払って(?)、フラット化時代にふさわしい文献収集体験をすることができた。この経験を生かして、これからも研究に必要な文献収集にセッセと勤しみたいと思う。

|

« 人事も経理も中国へ:フラット化する世界 | トップページ | 相互扶助を語る自生的秩序論:数理社会学における進化ゲーム理論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人事も経理も中国へ:フラット化する世界 | トップページ | 相互扶助を語る自生的秩序論:数理社会学における進化ゲーム理論 »