« iPS細胞研究に国費30億円 | トップページ | ただいま試行錯誤中 »

2008年1月23日 (水)

乳幼児の死亡 年間1000万人を下回る

私の担当する政治学の授業で用いているテキストの一つは、加茂利男ほか著『現代政治学』第3版であるが、そのテキスト第10章3「飢餓と食糧問題」のところに、「世界の5歳未満乳幼児の年間死亡数は約1000万人」という記述がある。ところが、ユニセフ・国連児童基金が22日に発表した今年の『世界子供白書』によると、一昨年の2006年には、1990年以来初めて1000万人を下回り、970万人になったのだそうである(NHKニュース 乳幼児の死亡 年間970万人)。

このニュースを今日最初に知ったのは、NHKラジオの英語ニュースで聞いていたときだったのだが、「このニュースは見覚えがあるな…」と思い、International Herald Tribuneで検索してみたところ、昨年の9月13日に「国連児童基金が発表する見込み」として、すでに報じられていた(Child mortality at record low; Unicef predicts further drop)。それが日本語ニュースでも報じられたのは、この22日が初めてかもしれない。

いずれにせよ、乳幼児の死亡数が下がっていることは大変よいニュースだと思う。1960年には年間2000万人の乳幼児が死亡していたというから、それに比べれば、事態は大いに改善されてきたといえるだろう。

とはいえ、これには地域格差があって、たとえばサハラ以南のアフリカでの死亡が全体の半数近くを占めているというから深刻である。また、2006年のこの970万人の子供の命は、何も特別な医療によらなくとも、ワクチンや(消毒された)蚊帳の導入など、ごく基本的な医療サービスで充分に救えたはずなのだそうである。年間970万人ということは、1日当たり26,000人 = 1,083人/1時間 = 18人/1分、すなわちおよそ3.3秒に1人の乳幼児が世界のどこかで亡くなっていることになる。

それを考えると、この問題解決のために行なうべきことは、まだまだ沢山ありそうである。

|

« iPS細胞研究に国費30億円 | トップページ | ただいま試行錯誤中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« iPS細胞研究に国費30億円 | トップページ | ただいま試行錯誤中 »