« リーダーズ研修会 | トップページ | 歩くことで仕事に勢いをつける »

2008年2月26日 (火)

論文の執筆開始

本ブログの2月15日の記事で、その末尾に「トクヴィルを大急ぎで読み直している」と書いた。それ以来、大学での業務の合間を縫って、『アメリカのデモクラシー』を読み進めてきたのだが、幸い、今日その読み直し作業を終えたので、今晩からいよいよ論文の執筆に着手した。その序論にあたる「はじめに」を書き始めたところである。それに続く本論の論述構成も素描できたので、あとはその構成に従って書き進めていくことになる。

執筆前にトクヴィルの『アメリカのデモクラシー』(全2巻)を読み直すにあたっては、その第1巻の上巻と下巻については、幸い、我が国におけるトクヴィル研究の第一人者のひとりである松本礼二氏による新訳が、2005年11月と12月に岩波文庫から出版されていたので、それを利用させていただいた。第2巻の新訳もその上巻が3月に出る予定のようだったが、それを待つ余裕はなかったので、1972年に岩永健吉郎・松本礼二両氏による抄訳(研究社刊)を再度利用した。それとは別に、全訳が講談社学術文庫から出ているので(井伊玄太郎訳)、それは第2巻の研究社の抄訳に収められていない部分について適宜参照させていただいた。

またそれに先立って、トクヴィル研究書としては、松本礼二氏の『トクヴィル研究』(東京大学出版会、1991年)や、新進気鋭のトクヴィル研究者・宇野重規氏による『デモクラシーを生きる:トクヴィルにおける政治の再発見』(創文社、1998年)と『トクヴィル:平等と不平等の理論家』(講談社選書メチエ、2007年)を参照させていただいた。もちろん、そのほかにもわが国にはすでに中谷猛氏や小川晃一氏によるトクヴィル研究がそれぞれ1974年と75年に出ているし、そもそもトクヴィル自体を研究していこうとするのであれば、そのほかにも参照すべき文献は山ほどあるだろう。しかし、今回の筆者の狙いは、トクヴィルそれ自体の研究にあるのではなく、あくまでも筆者のこれまでのハイエク研究の一環として、「ハイエクから見たトクヴィル」を取り上げるにとどまるので、これ以上の文献参照は断念することにした。

またトクヴィル自身の著書についても、今回はもっぱら『アメリカのデモクラシー』に限ることにした。そのほかにも『旧体制と大革命』(小山勉訳、ちくま学芸文庫。この小山氏も同じちくま学芸文庫からトクヴィル研究書を出されている)や、『フランス二月革命の日々:トクヴィル回想録』が出ていることはもちろん承知しており、できれば参照したいところだったのだが、ハイエクのトクヴィルへの言及は、管見によれば、『アメリカのデモクラシー』にもっぱら限られているので、『旧体制と大革命』および『回想録』の参照も、やはり断念することにしたのである。

論文を書き始めようとする際には、つねにこの種の“断念”がつきまとうのだが、その断念のタイミングがなかなか難しい。一方で、参照文献が不十分にとどまることは当然許されない。文献の渉猟は、充分に行う必要がある。しかし他方で、完璧を期すあまり、文献の参照に歯止めがきかなくなってしまうことも、実はあまり好ましいことではないのである。というのも、そうなってしまうと、いつまでたっても論文が書けなくなるからである。

今回のこの“断念”あるいは“決断”が100%正しいという自信があるわけではないが、3月10日の締め切りがいよいよ迫ってきたこともあり、思い切って論文執筆の開始を決断するに至ったのである。とはいえ、これが悪い意味での「見切り発車」ではないということも、たぶん間違いないと思っている。しかし、それも最終的には、出来上がった論文の内容次第で判断されねばならないだろう。今後も大学での業務が続くが、時間をうまく使って、全力で書き進めていこうと思う。

|

« リーダーズ研修会 | トップページ | 歩くことで仕事に勢いをつける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リーダーズ研修会 | トップページ | 歩くことで仕事に勢いをつける »