« 古い書類を焼却処分 | トップページ | 平成20年度始まる »

2008年3月31日 (月)

博士学位授与式に出席

論文や年度末の校務に追われていたため、本ブログでの記載が遅れてしまったが、先週月曜日の3月24日、京都大学での博士学位授与式に出席した。その式については、京都大学ホームページのトピックス欄の2008年3月24日「博士学位授与式を挙行」という見出しで紹介されている。昨年3月に刊行された拙著『ハイエクの政治思想』(勁草書房)が、博士論文として認められたのである。私の学位の名称は、「京都大学博士(法学)」(論法博第167号)である。

当日の出席者は課程博士と論文博士を合わせて500名を越えており、その一人ひとりに学位記が京大総長から直接手渡されるため、式の開始から終了まで2時間かかった。しかし、その2時間がまったく苦痛に感じられなかったのは、やはり、喜びが大きかったからであろう。

私は妻と娘を連れて出席したが、私と同様、家族同伴で出席される方も多数おられた。喜びの雰囲気に満ち溢れており、自然とお互いに記念写真のシャッターを押し合う場面もそこかしこに見られた。ここに掲載したのも、そうして撮っていただいた1枚である。Img_4151

こうして学位を授与されたことは、まことにも大きな節目であった。これを機に、これからも研究の道を喜んで歩いていきたいと思う。

|

« 古い書類を焼却処分 | トップページ | 平成20年度始まる »

コメント

博士学位おめでとうございます。
日々の数々行われてきた先生の努力が報われたようで、良かったです。

どうぞこれからも体調等崩されませんよう頑張って下さい☆

投稿: ポケマス | 2008年4月14日 (月) 18時26分

ポケマスさん、

ありがとうございます。これからも頑張ります!

投稿: 山中 | 2008年4月15日 (火) 11時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 古い書類を焼却処分 | トップページ | 平成20年度始まる »