« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月29日 (火)

世界的な米価の高騰と我が国での米価下落傾向

最近の新聞を賑わせている記事のひとつが、世界的な穀物価格の高騰であるが、それがバイオ燃料の原料となる小麦やトウモロコシだけではなく、コメにまで波及しているという。それが途上国で政情不安を呼んでいることを、たとえば次の記事が報じている:

始まった「食糧争奪戦」 穀物価格急騰 途上国ではデモ頻発(FujiSankei Business i. 2008/4/26)

ところが他方で、わが国では、次の記事にあるように、逆に国内米価は下落傾向にある:

物価ウオッチ:コメ 10年で900円安 市場原理導入で下落続く(毎日新聞 2008年4月19日 東京朝刊)

これは、長年わが国のコメ流通が政府による規制の下に置かれてきたのが、最近では規制緩和されつつあるからである。それでも、上記の記事によると、わが国の米価は依然として世界の3~4倍だという。

コメの流通を規制してきた我が国の農政のあり方に対する批判としては、4年前のものだが、たとえば次の論考がある:

「農地消滅」救世主は米価引き下げと直接支払い(RIETI上席研究員 山下一仁 2004年9月21日号『週刊エコノミスト』(毎日新聞社)に掲載)

ところで、現在、世界的に穀物価格が高騰している原因の一つは、地球温暖化である。主要穀物生産国であるオーストラリアでは、旱魃のため、コメを含めた穀物生産量が落ちている。また、バイオ燃料への穀物の転用も大きな要因である。

コメの場合はバイオ燃料の原料にはならないが、石油価格の高騰により、肥料の生産コストが上がっていることが、世界的な米価高騰の原因の一つだという。

また温暖化は、わが国のコメ生産にも異変をもたらしつつある。というのも、平均気温の上昇により、適産地が東北・北海道へと北上しつつあるからである。他方、それ以外の地域では暑くなりすぎて稲作には適さなくなりつつあるという。

以上のような様々な要因が複雑に絡まりあって、今後どのような状況をもたらしていくのか、確定的なことを述べる用意は今の私にはないが、食糧問題には今後も注目していかねばならないだろうと思っている。

| | コメント (0)

2008年4月28日 (月)

大型連休前の授業を終了

今日で大型連休前の授業をすべて終えた。体調不良による休講は一度もせずに、元気に授業を行えたことは大変ありがたかった(一度だけ、4/23の伊勢での水曜4~5講時の授業を休講したのだが、それは名張学舎で臨時に教授会が開催されたためだった)。

明日からいよいよ大型連休だが、とくにレジャーの予定は組んでいない。子供を近所の公園などに連れていくことはあるかもしれないが、それ以外の時間は、5月以降の授業の準備(パワーポイントでのスライド作成など)や、翻訳にもっぱら充てたいと思っている。まとまった時間を無駄にせず、充実した日々を過ごしていきたい。

| | コメント (0)

2008年4月26日 (土)

私のエコチャレンジ宣言

今日、環境省のホームページにある「チーム・マイナス6%」のコーナーにアクセスし、“私のエコチャレンジ宣言”を行なってみた。ブログパーツのファイルも利用できるようになっていたため、さっそく本ブログにも貼り付けてみた。右側の画面にあるのがそれである。

やってみると、意外にカンタンにできたので、楽しかった。気候変動問題をテーマとした総合演習(教職)の授業にもうってつけなので、下記のリンクよりアクセスし、受講生諸君にもぜひ“エコチャレンジ宣言”をしてみてほしい。

めざせ1日1kg削減!~みんなで止めよう温暖化 チーム・マイナス6%~

| | コメント (0)

2008年4月22日 (火)

政治学概論(名張)第2章からの出題

平成20年度皇學館大学(名張学舎)政治学概論の受講者の皆さんへ

第2章からの出題とそのヒントです。下記のリンクからダウンロードして下さい。

「第2章からの出題.doc」をダウンロード

【ダウンロードに際しての注意事項】

○ファイルを保存する際には、ファイル名は「2.doc」と表示されますが、ご自分の分かりやすい名前に、適宜、変更して下さい(例えば「政治学概論第2章からの出題」など)。

○このファイルは読み取り専用ファイルです。

| | コメント (0)

2008年4月16日 (水)

基礎演習Ⅰ(4/16)のおさらい

名張学舎 基礎演習Ⅰe(担当:山中優)の皆さんへ

本日1講時目の授業で予告しておいたように、復習に役立ててもらうために、基礎演習に関しては、その日の授業内容の概要を、その都度、ここに書いていくことにする。受講者諸君にどれだけ伝わっているか、この場で確認しておきたいからである。

今日は、『よくわかる学びの技法』22~23ページ記載の「目次を読む」という技法を使って、『民主主義という不思議な仕組み』第1章の1と2の読み取り練習を行なった。そこでの読み取りのポイントをおさらいしておくと、それは次のとおりである。

(1)珍しい政治の仕組み
①この「珍しい政治の仕組み」とは、何を指すのか? 民主主義のことか?
②なぜそれは“珍しい”のか?

(2)ペルシャ vs. ギリシャ--「自由」の理解の違い
①この両者の間で、「自由」の理解は、どのように違うのか?

以上のポイントの答えを簡潔に記しておくと、それは次のとおりであった(授業ではさらに詳しい説明を行なったが、ここには要点のみを書いておくことにする)。

(1)①民主主義のこと。②歴史において支配的だったのは、独裁政治、専制政治、君主政などのように、一人の人間に権力が集中する政治体制だったから。

(2)①ペルシャ式の自由は「放任状態」を意味していた(そこから恐怖によってのみコントロールできるという考え方も生まれてきた)のに対して、ギリシャ式の自由は「法の下での自由」を意味していた。

以上が本日の授業で学んだことだったが、受講生諸君の手応えはどうだっただろうか? コメントを寄せてもらえれば幸いである。

追記
コメントを寄せてもらう場合、お互いの信頼関係のために、本名を名乗ってもらうことを希望しますが、それはちょっと恥ずかしい…という方は、ハンドルネームでもOKです。ただし、その際には、別に私宛のメール(アドレスは下記※の通り)も送ってもらい、「このハンドルネール○○は、実は◇◇◇のことです」と本名を名乗って下さい。お互いの信頼関係のために、ご協力をお願いします。

※メールアドレス yamanaka<at>kogakkan-u.ac.jp     <at>のところにアットマークを入れてください。スパムメール防止のため、アットマークはここには表記できないので…。

| | コメント (2)

充実した日々

授業が先週の火曜日に始まって以来、なかなか多忙な日々を送っている。たとえば、先週の水曜日は自宅→名張学舎→伊勢学舎→自宅という行程の一日だった。そのスケジュールをざっと記すと以下のとおりである。

【自宅→名張へ】
7:35頃 自宅を出て徒歩で大和八木駅へ
8:04 大和八木発近鉄特急で名張駅へ
8:30 名張駅発スクールバスで名張学舎へ(8:40頃着)

【名張での仕事】
9:10 名張学舎で1時間目の授業(基礎演習Ⅰ)
10:50 キャンパス・セミナー(初年次教育プログラム:全教員担当、指導教員別に学生を指導)
11:35 月に1度の学友会総務委員会に学生委員長として出席

【名張→伊勢へ】
12:30 大学発スクールバスで名張駅へ
12:44 名張駅発近鉄特急で伊勢へ(特急車内で昼食)

【伊勢での仕事】
14:40 伊勢学舎で4~5時間目の授業(総合演習:水曜隔週)

【伊勢→自宅へ】
18:29 宇治山田駅発近鉄特急で大和八木へ
19:48 大和八木駅着、徒歩で帰宅(20:15頃)

というわけで、この日はかなり多忙な一日だったが、「多忙」という言葉を使うと消極的な気分になるので、こういうとき、いつも私は「充実した一日だった」と言うことにしている。

この日のような自宅→名張→伊勢→自宅という行程は、今後、毎週月曜日と隔週の水曜日に、すなわち月に6回ほど経験することになるが、授業の準備を事前にしておけば、案外、そんなにハードには感じないことを改めて実感したので、これからも事前の準備を整えた上で、月曜日と水曜日の仕事に臨みたいと思う。

1週間のサイクルでは、月~水に授業が多く集中している。具体的には、月3コマ、火3コマ、水は隔週で3コマ/1コマである。月曜日の帰宅も、先週の水曜日と同じく、伊勢での授業を終えた後、20:15頃になるだろうが、翌日の火曜日は朝1時間目からの授業なので、あまり気は抜けない。しかし、木曜日は2時間目(10:50開始)の授業が1コマのみなので、水曜日の授業を終えると、少しはホッとした気分になれる。金曜日は非常勤講師として、大阪市立大学で毎週3~4時間目(2コマ)の授業を行うが、それが終われば週末の休みを迎えることになるので、元気よく授業ができると思う。

昨日は、9:10に始まる1講時目からの授業に余裕を持って臨むために、いつもよりも早い 7:18 大和八木発の電車に乗り、8:00には研究室に入った。そして1,3,4講時目の計3コマの授業を16:10に終えた後、17:00開始の会議に出席したが、その会議に思いのほか時間がかかり、19:50頃に終わったので、結局、帰宅したのは21:15頃となった。それでも、今朝は5:00過ぎに起きて、3月に提出した論文のゲラ刷り(先週土曜日に手元に届いた)を相手に校正作業を少し進めることができた。自分でも不思議なほど元気である。

昨日で授業開始後1週間が過ぎたことになるが、授業担当のコマ数は昨年同時期よりも増えているにもかかわらず、今年の方がはるかに元気なのは、おそらく、次の二つが主な原因だと思う。

①パソコンを使って授業をするようになったこと。昨年度までは黒板をふんだんに使っていたが、その場合、板書をいかにわかりやすくするかということにかなり神経を使いながら、授業を進めなければならなかった。ところが、今年度からあらかじめパワーポイントでスライドを作っておくようにしたので、授業中の心理的緊張感がかなり緩和されたのである。事前の準備には確かに手間はかかるが、その準備が私を安心させてくれている。

②毎日、自宅から最寄りの駅まで歩くようになったこと。そのおかげで、昨年度までと比べると、体力・持久力が大いに増したように思う。

というわけで、今年度はこれまでで一番元気なスタートが切れた。これからもこの調子で、まずは大型連休を迎えるまでの間、順調に授業をこなしていきたい。

| | コメント (0)

2008年4月 8日 (火)

平成20年度春学期の授業開始

新年度の授業がいよいよ今日から始まった。初日から3コマの授業をこなすことになったが、さきほど無事に授業をし終えて、まずはホッとしているところである。

今年度からは、極力、授業でのプリント配布をやめて、このブログ上にファイルをアップしておき、必要に応じて受講生諸君にダウンロードしてもらうことにした。残部の発生による紙の浪費をなくしたかったからである。プリントを印刷する場合には、履修登録されている学生諸君の人数分の印刷をしておかねばならない。しかし、授業に必ず全員が出席するとは限らないし、途中で放棄する学生も出てくるから、その分がどうしても余ってしまうのである。そんな訳で、今年度からは、本ブログにファイルをアップしておくことにした。

今後このやり方で随時アップしていくことにするが、その際、カテゴリーの「政治学概論/政治学」をクリックすれば、まとめて表示できるので便利だと思う。

もうひとつ、今年度の授業で新しく取り組もうと思っているのは、教室にノートパソコンを持ち込んで、パワーポイント等を使って授業することである。今日の政治学概論で、非常に簡単なスライドではあったが、早速パワーポイントを使ってみた。今後、スライド作成を進めていき、パソコンを使っての授業に取り組んでいこうと思う。

| | コメント (0)

政治学概論(名張)第1章からの出題

平成20年度皇學館大学(名張学舎)政治学概論の受講者の皆さんへ

第1章からの出題とそのヒントです。下記のリンクからダウンロードして下さい。

「第1章からの出題.doc」をダウンロード

ダウンロードに際しての注意事項

○ファイルを保存する際には、ファイル名は「1.doc」と表示されますが、ご自分の分かりやすい名前に変更することはできます(例えば「政治学概論第1章からの出題」など)。

○このファイルは読み取り専用ファイルです。

| | コメント (0)

2008年4月 2日 (水)

平成20年度入学式

今日は私の勤める皇學館大学で平成20年度入学式の日だった。午前10時からの式が終了した後、午前11時より保護者の方との懇談会、昼食をはさんで午後から伊勢神宮を参拝し、午後3時に終了するという日程だからなかなかハードだったが、入学を祝う行事だから、充実した一日だったと言うべきだろう。

私は昨年度より学生委員長を務めているが、入学式の日に学生委員長が行うべき重要な仕事は、保護者との懇談会の場で、学生生活全般への支援体制について、説明を行うことである。A4サイズの資料で5頁にわたる盛り沢山の内容を、機械的な説明になってしまうことなく、できるだけコンパクトに要領よく伝えられるように努めたつもりである。頷いて聞いて下さる方も結構おられたし、時にはちょっとした笑いも起こったので、役目は果たせたのではないかと思う。

ただ、長くても15分間で終えるつもりだったのだが、話し始めると時間を忘れそうになっている自分に気づいた。時計の針には注意を向けているつもりだったのだが、何時何分から話し始めたか、話しているうちに忘れてしまったので、もしかしたら、15分を少しオーバーしていたかもしれない。

明日からも新入生を歓迎・案内する行事が続くが、引き続き、学生委員長としての役目を果たしていきたいと思う。そのためには、朝早く起きて、早朝の時間に翻訳の仕事を少しでも進めておくことにしよう。

翻訳の作業といえば、今日は電車の中でそれを進めることができた。というのも、この2月にモバイルノートパソコンを購入しておいたのだが、今日はそれを使って近鉄特急の中で作業をしたからである。ノートパソコンを持ち歩いていると、こうしたことができるので、やはり大変便利だなぁ…とつくづく実感した一日でもあった。

| | コメント (0)

2008年4月 1日 (火)

平成20年度始まる

平成20年度が今日からスタートした。教育機関で仕事をしていると4月からいろいろなことが新たに始まるので、仕事の面では、年始の1月よりも4月の方が“新たな始まり”という感じが強い。

さて、平成20年度の私の担当授業は4~7月の春学期に偏ることになった。今年度を通じての私の授業の週間スケジュールは、次のとおりである。

春学期(4月~7月)隔週で週12コマ/10コマ
曜日 場所(コマ数)
月  名張(1) 伊勢(2)
火  名張(3)
水  名張(1) 伊勢(2)〔水の伊勢(2)は隔週〕
木  名張(1)
金  大阪市大(2)〔非常勤〕

秋学期(10月~1月)隔週で週5コマ/3コマ
曜日 場所(コマ数)
月  -
火  名張(1)
水  名張(1) 伊勢(2)〔水の伊勢(2)は隔週〕
木  名張(1)
金  -

このように、春学期がとても忙しくなる。その代わり、秋学期には時間的余裕を作れそうである。

授業で忙しい春学期だが、その間に、例のハイエク全集第Ⅱ期第5巻政治学論集の翻訳を是非とも仕上げねばならないので、今後数ヵ月は体力の勝負とも言えるかもしれない。

さて、新年度を迎えるにあたり、山中研究室のドア掲示も一新してみた。それがこの写真である。

ここでは小さくしか載せられないが、Photo この私の似顔絵は、プロの似顔絵師に描いてもらったものである。先日、3月29日(土)に家族で大阪・天保山にある海遊館に行ったのだが、その海遊館に隣接する「天保山マーケットプレイス」の一角に、似顔絵コーナーがあったので、そこで描いてもらったのがこの似顔絵である。ただし、このドアに貼ったのはそのコピーである。原画は自宅に飾ることにした。

天保山の似顔絵コーナーのサイトによると、ここには幾人かの似顔絵師がおられるようだが、私たちが訪ねた時に、そこにおられたのは、立石久美子さんという方だった。どこかで専門的に美術を学ばれたに違いないと思っていたが、このサイト掲載のプロフィールによると、「嵯峨美術短期大学卒業」とのことだから、やはり…と納得した。パステル画で優しく描いてくれたのも、私の好みに合っていて、とてもよかった。この場を借りて、似顔絵師の立石久美子さんに、感謝させていただきます(この立石さんのブログはこちら→illustron935☆大阪天保山似顔絵デスク)。この似顔絵(のコピー)を、大学の公式ホームページ掲載用の似顔絵として提出したので、いずれ近いうちに、そこにも掲載されることになると思う。

それにしても、このような絵による表現の方が、写真よりも趣きを感じることがあるのは何故だろう? どちらの方が実物に近いか…と考えれば、それは明らかに写真の方だ。それにもかかわらず、このような絵での表現には、写真にはない趣きがある。それはどうしてなのだろう…? これはなかなか興味深い問題ではないかと思う。

いずれにせよ、いよいよ新年度がスタートした。また新たな気持ちで仕事に勤しもうと思う。

| | コメント (2)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »