« 緑のカーテン | トップページ | 政治学概論(名張)第3章からの出題 »

2008年5月 9日 (金)

『電子版 研究社 英語大辞典』を発注

今朝、『電子版 研究社 英語大辞典』を発注した(私の場合、丸善の研究者向けのWebshopであるAcademic Clubを通じて発注したが、それ以外の方法でも購入できることはもちろんである)。というのも、最近、愛用するようになったモバイルノートパソコン(東芝のdynabook CX/47E ←この2月に購入)で手軽に辞書を引けるようにしたかったからである。

電子辞書は以前から持っており、これも愛用してきたのだが(CASIO製のXD-LP7000)、たとえば電車の中で翻訳の作業をするときなど、限られたスペースの中で英語関係の仕事をするときには、たとえコンパクトな電子辞書といえども、少なからず場所をとることになるので、この際、ノートパソコンひとつですべての作業ができるようにしようと思ったのである。そうすれば、たとえ自宅や研究室での作業であっても、便利さの度合いは飛躍的にアップするはずである。

それにしても、この『電子版 研究社 英語大辞典』を購入することにしたのは、それが『新編 英和活用大辞典』も収録していたからである。

そもそも、この研究社の『新編 英和活用大辞典』というのは、大変便利な辞典である。たとえば「意見を抱く(あるいは主張する)」と英語で言いたいときに、opinionとセットで使う動詞は何かを調べたいとすると、opinionを引けば、そこにたとえば"hold  an opinion"と言えばよい、ということが書いてある辞典である。逆に、"hold an opinion"という英文が出てきた場合、こなれた日本語ではどう訳せばよいかも調べられる(意見を“持つ”ではやや不自然な訳語であろう)。

こう書いただけでは何でもないように思われるかもしれないが、普通の英和辞典だと、こうスムーズに調べられるとは限らない。というのも、用例に"hold an opinion"という例が掲載されているとは限らないからである。

とはいえ、たしかに"hold an opinion"ぐらいなら、英和辞典にもその用例が載っているかもしれない。しかし、英和辞典に決してできないことは、hold以外に、opinionと一緒に使われる動詞にはどのようなものがあるかを一挙に調べることである。ところが、この『新編 英和活用大辞典』を使えば、そのような動詞には、accept  an opinion(意見を受け入れる)から、win  the good opinion of...(...の好評を博する)に至るまで、一挙に分かってしまうのである。とくに英語を書きたい場合に、この辞典は大変便利だと言えるだろう。

私がこの『新編 英和活用大辞典』を使うようになったのは、高校生の頃からであった。その頃は『新 英和活用大辞典』という書名だったが、自宅の部屋に今でも置いてあるその奥付を見てみると、「1939年第1版 1958年第2版 1984年第28刷」と書かれていたので、その歴史の古さに驚いた。大変なロングセラーである。

その後『新編 英和活用大辞典』と改名され、新たに刊行されたのは、研究社のウェブサイトによると1995年7月である。この『新編…』の方は、大学の研究室に置いてあり、これまでも時折使っていた。しかしなにぶん大部の辞典なので、手軽に使うというわけにはいかなかった。使うときには、結構“気合い”が必要だったのである。

それを今回、その電子版を購入することで、もっと手軽に使えるようになるに違いない。今からその納品を楽しみに待つ次第である。

|

« 緑のカーテン | トップページ | 政治学概論(名張)第3章からの出題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 緑のカーテン | トップページ | 政治学概論(名張)第3章からの出題 »