« 枝廣淳子氏の日刊温暖化新聞 | トップページ | ただいま採点中 »

2008年7月30日 (水)

授業期間終了、試験期間スタート

先週末で平成20年度春学期のすべての授業を終え、今週から試験期間に入った。週平均11コマの授業期間を終えてひとまずはホッとしたところだが、その授業は試験のために行ってきたわけだから、ここでもう一度気を引き締めなければならない。

試験が終わればすぐに採点にとりかかる。試験の採点は非常に労力のいる作業である。筆記試験とその採点が終われば、その次には8月4日締切のレポート試験(計4科目)の採点作業が待っている。それが終われば、今度は、私が企画運営責任者の国際シンポジウム(皇學館大学社会福祉学部開設10周年記念事業の一環として:10月3日~4日開催)の詳細な行事進行表の作成などの準備作業である。

そのような訳で、どうやらお盆休みぐらいまでは、以上に挙げた仕事にもっぱら従事することになりそうである。要するに、多用な日々はまだまだ続きそうなのである。後顧の憂いなく盆休みを迎えられるよう、これらの仕事に専念していきたい。

|

« 枝廣淳子氏の日刊温暖化新聞 | トップページ | ただいま採点中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 枝廣淳子氏の日刊温暖化新聞 | トップページ | ただいま採点中 »