« ハイエクと夏目漱石:『文藝春秋』2008年10月号より | トップページ | タイトル改題のお知らせ & 近況報告 »

2008年9月25日 (木)

翻訳の苦しみからの解放を求めて(2):安西徹雄『英語の発想:翻訳の現場から』

本ブログ8月29日の記事で言及した安西徹雄氏の本を、このほど読み終わった。そのときに挙げた『英文翻訳術』に加えて、同じくちくま学芸文庫から出ている『英語の発想--翻訳の現場から』も読んだのだが、この2冊とも、2度繰り返し熟読したのである。それはまさに“目からウロコ”の連続だった。

いまここで、その一部始終を詳しく説明している余裕はないのだが、とにかく、この2冊の本のおかげで、英語を読むのが非常に楽になった。日本語らしい翻訳ができるようになってきただけではなく、英文の内容を読み取ること自体も、非常に楽になってきたのである。これは嬉しい驚きだった。

これまでは英語を「英語の発想のまま」で読み取ろうとしてきた。もちろん、まずはそれが第一に必要なことだろう。しかし、私はやはり日本人である。だから、英文で書かれている内容を、最終的には日本語の発想に合わせて理解する方が、はるかに“腑に落ちる”のである。考えてみれば、これは当然のことであった。

たとえば、A slight slip of the doctor's hand would have meant instant death for the patient. という英文があるとする(『英語の発想』62頁に掲載;『英文翻訳術』では53頁)。これを英語の発想そのままに理解するならば、「医者の手のわずかな滑りが、患者のたちどころの死を意味したであろう」となる。

これを実際に翻訳する必要がなければ、これをこのままにしておいても、さしたる不便はないだろう。少なくともこれまでの私にはそうだった。

しかし、これを日本語の発想に置き換えるならば、「医者の手がほんのわずかに滑っても、患者はたちどころに死んでいたであろう」となる。こう理解しなおした方が、日本語で育った来た私には、はるかによく分かるのである。

もちろん、ここには両者の間での発想の違いがある。それは、『英語の発想』のあちこちで的確に解説されているように、英語では、動作主(人間であれ無生物であれ)による「働きかけ」の発想が強いのに対して、日本語では、むしろ物事が「自然にそうなった」と捉えることが多い--という違いである。また英語では、日本語よりも、「名詞中心の構文」が圧倒的に多いことも、大きな違いである。

これまでの私は、こうした英語の発想に沿って、英語を英語として理解しようとしてきた。それはもちろん大切なことだと思う。

しかしそれだけではなく、英語の発想はそれとして理解しつつ、最終的にはそれを日本語の発想に置き換えて理解しておく方が、英語を読み進めていくときのストレスが格段に減るのである。

このストレス減り具合は、誠に驚くべきものであった。これまでの私は、知らず知らずのうちに、このストレスと闘いながら、英語を読んでいたのであった。しかし今の私は、そのストレスから大いに解放されつつある。むしろ非常に楽しくなってきたとさえ言ってよいだろう。

そんなわけで、私は今、翻訳の苦しみのみならず、そもそも英語自体を読むストレスからも、解放されつつあるのであった。誠にありがたい限りである。

|

« ハイエクと夏目漱石:『文藝春秋』2008年10月号より | トップページ | タイトル改題のお知らせ & 近況報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハイエクと夏目漱石:『文藝春秋』2008年10月号より | トップページ | タイトル改題のお知らせ & 近況報告 »