« “翻訳”の苦しみからの解放を求めて:安西徹雄氏の本 | トップページ | モンペルラン協会2008東京大会に参加(2) »

2008年9月 7日 (日)

モンペルラン協会2008東京大会に参加

いま私は東京に来ている。モンペルラン協会2008年東京大会に参加するためである。

モンペルラン協会の大会に私が参加するのは、これが3回目である。1度目は2000年サンチアゴ大会(チリ)、2回目は2004年ソルトレークシティ大会(アメリカ)、そして今回の東京大会である。この協会の世界大会は2年に1度の開催であり、2002年はロンドン、2006年は確か南米グアテマラでの大会だったそうだが、私の参加は4年に1度ずつとなった。

今回の東京大会も興味深いテーマが目白押しなのだが、私が特に関心を抱いているのは、明日午前中の第1セッションである。というのも、テーマが気候変動問題だからである。具体的には次のテーマとなっている:

Global Warming, Environment and Free Market

現在のモンペルラン協会がこの問題に関してどのような見解を示すのか、ポイントを聞き逃すことなく、明日の第1セッションに集中して臨もうと思っている。

|

« “翻訳”の苦しみからの解放を求めて:安西徹雄氏の本 | トップページ | モンペルラン協会2008東京大会に参加(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “翻訳”の苦しみからの解放を求めて:安西徹雄氏の本 | トップページ | モンペルラン協会2008東京大会に参加(2) »