« 引っ越し作業を終えて | トップページ | 新居での早起き生活 »

2008年12月31日 (水)

大掃除を終えて1年を振り返る

27日から今日の大晦日までの6日間連続で、今まで借りていた家の大掃除をしていた。もう少し早く終えてしまうつもりだったのだが、いざやり出してみると、掃除をすべきところが続々とたくさん出てきて、キレイさっぱりと明け渡せるようになるまで、今日の午後6時頃までかかってしまったのである。しかし、何とか年内にそれを終えることができたので、今はホッとしている。正月休み明けの1月5日に、私たち借主の立会のもと、この貸家の仲介業者による部屋のチェックを受けることになるが、そのための準備はおそらく十分に整えられたことと思う。

それにしても、今年はわが人生のなかで、公私ともに最も多忙な1年だった。春学期には週平均11コマの授業を名張、伊勢、および大阪市立大学という3つの場所で行ったし、夏休みに入ってからは、10月初旬に行われた皇學館大学社会福祉学部の10周年記念国際シンポジウムの準備に大わらわだった。そしてこの年末には引っ越しと大掃除である。このような忙しさは、大げさな表現ではなく、今までに経験したことのないほどの多忙さだった。しかし、それらをすべてやり遂げることができて、今は充実感でいっぱいである。

そのあまりの忙しさで、これまで本ブログに書きそびれていたのだが、実は研究面でも、この11月から12月にかけて、ちょっとした大きな出来事が二つあった。それは、拙著『ハイエクの政治思想』(勁草書房)の増刷と、来年の世界政治学会で研究報告できることが決まったこと、この二つである。

拙著の第2刷が発行されたのは、今年の11月20日だった。第1刷の発行が昨年の3月15日だったから、それからおよそ1年8か月で増刷されたことになる。第1刷は1200部だったが、第2刷は500部である。一般的に、第1刷が売り切れれば、出版社に対する責任を果たしたことになると聞いているので、著者として安堵した次第である。

その拙著の第1章の議論を英語で報告できる機会を与えられたのが、来年7月にチリの首都サンチアゴ(Santiago)で開かれる世界政治学会(International Political Science Association)においてである。今年10月の日本政治学会の総会で、3年に1度の IPSA が今回はサンチアゴで行われること、そしてその IPSA 2009 Santiago における報告者を募集中であることを聞き、思い切って応募してみたところ、12月5日に採用通知が届いたのであった。

来年にはハイエク全集第Ⅱ期第5巻政治学論集の監訳作業をいよいよ仕上げていかねばならないので、来年はその監訳とIPSAでの研究報告の準備という二つの点で、英語漬けの毎日が続きそうである。

26日に引越を終えてから今日までは、今まで借りていた家の大掃除で手一杯だったので、新しい家の方はまだ段ボール箱だらけであるが、幸い、今すぐ必要な本は箱に詰めずに、カバンに入れて持って来てあるので、明日の元旦からは、この新しい家の新しい書斎部屋で、早速、監訳作業を再開させたいと思っている。

それでは読者の皆様、よいお年をお迎え下さい。

|

« 引っ越し作業を終えて | トップページ | 新居での早起き生活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 引っ越し作業を終えて | トップページ | 新居での早起き生活 »