« 2009年4月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年5月31日 (日)

世界政治学会に備えて

今日は英語で書いた論文を1本完成させることができた。7月に南米チリで行われる第21回世界政治学会(IPSA)での研究報告のための論文である。

この英語論文は、今月に入ってから、授業の合間を縫って書き続けてきたものである。拙著『ハイエクの政治思想』(勁草書房、2007年)の主に第1章(およびその他の章)の内容を踏まえたものだが、5月23日(土)にその草稿を書きあげた。

その草稿の英語を見てもらうため、丸善の英文校正サービスを利用したのだが、5月28日にそれが納品されたので、その後、最終的な推敲を経て、今日、そのPDFファイル(WordファイルをPDFファイルに変換したもの)を、世界政治学会のオフィシャルサイトへと無事アップロードすることができたのであった。分量としては、A4サイズで13ページ、4276単語の英文となった。

その丸善の英文校正サービスによる「原稿評価カルテ」によると、全体的に、「平均的レベルです」(5段階評価の3)あるいは「習熟したスキルを持っています」(5段階評価の4)という評点であった。項目別にみると、次のとおり:

英語表現について 平均評点 3.3
 構文の正確さ 3
 文章運びのスムーズさ 4
 単語の選び方 3

英文法 平均評点 3.7
 主語と述語の一致 4
 冠詞a, an, theの使い方 3
 時制の正しさ 4

英語表記のルールや論文スタイルについて 平均評点 4.0
 句読点の使い方 4
 参考文献の書き方や引用の手法 4
 アカデミック・スタイルの遵守 4

また、校正者からのコメントも付けられていたのだが、それによると、校正前の原稿は「英語のライティングスキルという観点から見ると、原稿は非常によく書けており、あとは文法などのささいなミスを変更するだけ」だった-とのことであった。

ちなみに、5段階評価の5は、「非常に高度なスキルを持っています」というものだが、私はまだ3~4の間のようである。今後は、全体の平均評価が4点台となることを目指していきたいと思っている。

| | コメント (2)

2009年5月30日 (土)

虹の架け橋

今日の午後5時半頃、我が家の東向きの窓から、本当にきれいな虹の架け橋がよく見えたので、急いでデジカメで撮影した。ここにその写真を掲載し、読者の皆さんにも楽しんでもらうことにする。

Img_4497

| | コメント (0)

2009年5月27日 (水)

授業シーズンをプロ野球にたとえて

今日で今年度春学期の授業期間の第6週を終えた。プロ野球の日程にたとえて言うなら、「第6節」の終了である。明日から「第7節」に入る。

ところで、実は私はプロ野球が大好きなので、授業シーズンも、プロ野球のシーズンにたとえて考えることが多い。そうすると不思議と元気が出てくるからである。

たとえば、今学期の毎週月曜日は、まず名張で2コマ、引き続いて午後には伊勢で2コマなので、これはさしずめ「ダブルヘッダー」である。翌火曜日は、また1時間目に授業があるので、これは「ダブルヘッダーの翌日にデーゲーム」と考えることにしている。明日の関西大学での授業は18:00から2コマだが、これはまさに、「ナイトゲーム」の時間帯だ。

野球のように「対戦相手」があるわけではないので、文字どおりの意味では勝敗がつくわけではないが、1回1回の授業のできばえ、手応えがそれに近い意味を持つ。その「勝敗」は、これまでのところ、「勝ち」が多いと思っているのだが、はたして…?

| | コメント (0)

2009年5月26日 (火)

多忙さのおかげで出来るようになったこと

授業等で多忙な日々だが、その多忙さのおかげで、前よりもテキパキ、クルクルと身軽に働けるようになった。余計なことを考えずに、無心で働けるようになったからである。

元々の私は沈思黙考型で、物事をじっくりと考えるのは得意中の得意である。しかし、それも度が過ぎると、何も行動できなくなってしまう。
しかし最近の私は、考え過ぎる癖が時には顔を出すこともあるが、以前よりもずいぶん行動派になってきた。授業で忙しくならなければ、こんなふうにはならなかっただろう。その意味で今の生活には感謝している。

| | コメント (0)

2009年5月25日 (月)

大講義室での授業

今年度の毎週月曜日4講時目は伊勢学舎で政治学入門の授業であるが、今年は受講生が200名を超えている。私語が出やすい状況である。

これを放っておくと、真面目な学生から苦情が出るので、こちらも毅然とした態度で臨むことにした。

他の授業では、真面目な中にも和やかな雰囲気で出来るのだが、大講義室ではやむをえない。実は今日もまもなくその授業である。

普段の私とは少し違うことになるが、これからもこの授業の際には、大いに気合いを入れて臨むつもりなので、受講生諸君もそのつもりをしておいてほしい。

| | コメント (0)

2009年5月 5日 (火)

パワーポイントで授業の心理的負担感を軽減

いつの間にかもう5月5日だが、いま振り返ってみると、先月すなわち新年度が始まってからの1ヶ月は、その最初の1週間が新入生へのガイダンス、その後の3週間はひたすら授業に明け暮れる日々だった。今年度からは、非常勤の授業として関西大学法学部で政治思想史も教えることになり(毎週木曜日2コマ16:20~19:30)、その準備も加わったからである。

今年度の春学期も、その関大での非常勤も入れると、昨年度とほぼ同様のコマ数の授業担当である。すなわち、週平均10コマの授業--隔週で11コマと9コマ--を担当しているので、なかなか忙しい。特に月曜日は、朝7時半に家を出て、まず午前中に2コマの授業を名張で行なった後、すぐに伊勢へ移動してさらに2コマの授業を行ない、帰宅するのは午後8時半頃となるので、非常に慌ただしい。しかも翌日の火曜日には、また1時間目に授業があるので、月曜日は帰宅後もテキパキ行動して、10時までには就寝できるようにしなければならない。

このように今年度も昨年度と同様に--ちなみに昨年度は私の大学人生で最も多忙だった年である--担当授業がかなり多いのだが、授業をこなしていくにあたっての心理的負担感は、実は今年度が最も軽いものであるように思う。その大きな原因は、授業の方法を今年度から完全に切り替え、すべての授業でパワーポイントを使うことにしたからである。

昨年度も実は最初のうちはそうしていたのだが、6月頃からは、やはり従来通り、もっぱら黒板を使った授業に戻っていた。そのやり方にこれまでずっと慣れ親しんできたからである。しかし、今年度の月曜日のように非常に慌ただしい時間割となると、授業中の板書に必要な労力にはとても堪えられないと思ったので、パソコンでパワーポイントのスライドを映しての授業に完全に切り替えることにしたのである。

その場合、たしかに事前の準備には、以前よりもかなり多くの労力が必要となる。しかし、スライドファイルを作ってしまえば、授業本番の間は、心理的に非常に楽なのである。そのことには今さらながら非常に驚いた。事前に作っておいたスライドを順番に映していけばそれでいいし、アニメーションをちょっと工夫すれば、黒板よりも訴求力が格段に向上するので、学生の受けもよい。

そんなわけで、たしかに今年度の授業スケジュールは、特に月曜日のそれは、今まで経験したことのない慌ただしさだったのだが、そのおかげで、授業方式をパワーポイントを使ったものに完全に切り替えることができた。その意味で、今年度の授業スケジュールに感謝している次第である。

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年8月 »