« 虹の架け橋 | トップページ | ただいま採点中 »

2009年5月31日 (日)

世界政治学会に備えて

今日は英語で書いた論文を1本完成させることができた。7月に南米チリで行われる第21回世界政治学会(IPSA)での研究報告のための論文である。

この英語論文は、今月に入ってから、授業の合間を縫って書き続けてきたものである。拙著『ハイエクの政治思想』(勁草書房、2007年)の主に第1章(およびその他の章)の内容を踏まえたものだが、5月23日(土)にその草稿を書きあげた。

その草稿の英語を見てもらうため、丸善の英文校正サービスを利用したのだが、5月28日にそれが納品されたので、その後、最終的な推敲を経て、今日、そのPDFファイル(WordファイルをPDFファイルに変換したもの)を、世界政治学会のオフィシャルサイトへと無事アップロードすることができたのであった。分量としては、A4サイズで13ページ、4276単語の英文となった。

その丸善の英文校正サービスによる「原稿評価カルテ」によると、全体的に、「平均的レベルです」(5段階評価の3)あるいは「習熟したスキルを持っています」(5段階評価の4)という評点であった。項目別にみると、次のとおり:

英語表現について 平均評点 3.3
 構文の正確さ 3
 文章運びのスムーズさ 4
 単語の選び方 3

英文法 平均評点 3.7
 主語と述語の一致 4
 冠詞a, an, theの使い方 3
 時制の正しさ 4

英語表記のルールや論文スタイルについて 平均評点 4.0
 句読点の使い方 4
 参考文献の書き方や引用の手法 4
 アカデミック・スタイルの遵守 4

また、校正者からのコメントも付けられていたのだが、それによると、校正前の原稿は「英語のライティングスキルという観点から見ると、原稿は非常によく書けており、あとは文法などのささいなミスを変更するだけ」だった-とのことであった。

ちなみに、5段階評価の5は、「非常に高度なスキルを持っています」というものだが、私はまだ3~4の間のようである。今後は、全体の平均評価が4点台となることを目指していきたいと思っている。

|

« 虹の架け橋 | トップページ | ただいま採点中 »

コメント

英文校正なら値段的にも質的にも
http://www.uni-edit.net/
がよかったです。
何回か再校正もお願いしたのですが無料で見てくれ、親身になってくれて気持ちよくやり取りができましたよ。

投稿: マリオ | 2010年8月23日 (月) 06時13分

マリオさん、

いただいたコメントの掲載と、私の返信コメントが遅れてしまい、大変失礼いたしました。

興味深い情報を誠にありがとうございました。次に英語論文を書く機会が来た時には、校正依頼を検討してみます。ありがとうございました!

投稿: 山中 | 2010年8月26日 (木) 18時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 虹の架け橋 | トップページ | ただいま採点中 »