« 2009年5月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月14日 (金)

採点をリズミカルに進めるために

8月に入って以来、ずっと取り組んできた採点作業を、このほど、ようやくすべて終了した。本務校の皇学館大学と非常勤先の関西大学との答案数(定期試験とレポート試験)をすべて合わせると約500枚の答案だったので、かなり大変だったことは否めない。

その途上では、採点量の多さに気が遠くなりそうな時もあったが、その採点作業を過度の心理的負担を感じることなく進めていくためのちょっとしたコツを、今回つかめたような気がする。

それは、まだ採点していない残りの答案枚数の多さに目を奪われるのではなく、答案3枚を1組(ひとくみ)と考えて、「1,2,3」「1,2,3」というリズムで採点を進めていくことである。

もう少し正確に言うと、「1,2,3-休み-1,2,3-休み-1,2,3-休み」というように、3枚1組の採点が終わるごとに、“ひと呼吸”置くのである。時には、3・3・7拍子のように、一挙に7枚ほど進んでもよいのだが、いずれにせよ、必ず“ひと呼吸”置くのである。

この“ひと呼吸”置く、ということと並んで、心理的に大変良かったことは、まだ残されている答案の束の厚さに気を取られるのではなく、3枚1組の採点が終わるごとに「はい、1組終了!」というように、“出来たことを数える”ようにしたことであった。これが採点中の心理的負担感を大幅に軽減してくれたのである。

いずれにせよ、これで今年度春学期の授業にかかわる仕事はすべて終了した。この夏のこれからの仕事は、ハイエク全集第Ⅱ期政治学論集の監訳である。

| | コメント (0)

2009年8月 5日 (水)

ただいま採点中

5月末以来、本ブログの更新を途絶えさせてしまい、事実上の休載状態としてしまっていたが、その間、6・7月はひたすら、週10コマの授業に明け暮れていた。

それに加えて、7月中旬には授業を1週間休講して、チリで開かれた世界政治学会に参加して研究報告を行い(幸い、報告は成功し、実り多い参加となったのだが)、帰国後すぐに、長旅の疲れを抱えながらの補講の連続(帰国当初はまったく大丈夫のつもりだったのだが、帰国後数日が経つにつれて、徐々に疲労が出始めた)、そして7月の最終週からは試験期間という超ハードスケジュールだった。8月3日に私の担当授業の筆記試験はすべて終えたので、現在はその採点中である。

(非常勤も含めて)週10コマも授業を担当していると、採点すべき筆記試験答案やレポート答案も膨大な量になってくる。それに加えて、伊勢での政治学入門の受講者は250名以上(そのうちの受験者は約230名)だったから、その採点だけでも非常な労力が必要である。しかも、8月3日に試験を終えた後、これまでの疲労(あるいは疲労感)が一気にドッと出てしまったので、いまの体調は決して万全ではない。

しかし、採点作業を進めないわけにはいかないので、現在、なんとかその作業を続けている最中である。体調を徐々に整えつつ、採点を続けていこうと思う。

追記:なお、試験の採点内容についての質問・コメントには、ここでは一切応じられないことを付言しておきます。

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年9月 »