« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月25日 (水)

畜産の温室効果51%

少し前のことになるが、今月3日に rumi さんという方から、本ブログ2007年7月4日の記事「工場式畜産の問題点」について、コメントをいただいた(ありがとうございました)。そのコメントによると、ワールドウォッチ研究所が、畜産関連すべてに由来する温室効果ガス排出の割合が、全体のなんと51%に相当する、という研究結果を発表したのだという。

調べてみると、ワールドウォッチ研究所のサイトに、その報告書のPDFファイルがフリーでダウンロードできるようになっていた。どうやら、畜産業すべてにかかわる部門から出される温室効果ガスを考慮に入れると、51%という高い数値になるということのようだ。

Livestock and Climate Change

だとすると、肉食をやめる(あるいは控える)ことによる温室効果ガス削減効果も、実は非常に高いということになる。私たちの食生活のあり方に再考を促す研究結果と言えるのではないだろうか。

| | コメント (0)

2009年11月24日 (火)

近況報告:ハイエク翻訳など

現在、例の『ハイエク全集Ⅱ-5 政治学論集』の刊行に向けての作業が大詰めを迎えている。

幸い、私の手の及ぶ限りでの監訳作業は一段落して脱稿し(3つの章を脱稿前に監訳することは実はできなかったのだが、それ以外の計10章については監訳の手を入れることができた)、現在は校正段階に入っている。

その一方で、明日が締切と言われていた解説の原稿を、この連休を利用して、昨日から今日にかけて集中的に執筆し、つい先ほど、メールで春秋社編集部に提出したばかりだ。あとは解題の執筆と、校正作業である(校正は今月30日締切)。

今週は、もうひとつハイエク関連で、実は東京に出張する。慶應大学で主にビジネスマンの方々を対象とした講座のゲスト講師として呼ばれているからである。

古典を通して考える【自由と資本主義】

というわけで、相変わらず多忙な(あるいは超多忙な?)日々を送っているが、おかげさまで最近は、多忙な中でも、真面目一辺倒に片寄りすぎて心の余裕をなくしてしまうことなく、心豊かな生活を送ることができている。どのようにしてそのような心境の変化が得られたかについては、また機会を改めて書くことにする。

| | コメント (0)

2009年11月18日 (水)

総合演習(伊勢H21秋)次の授業での持参物

平成21年度 伊勢学舎 秋学期 総合演習(担当:山中優)受講生の皆さんへ

次の2つのものを、次回(11/25・水Ⅳ~Ⅴ)の授業に持参して下さい。

(1) 環境家計簿
次のウェブサイトにアクセスし、教室で用いる教材として、環境家計簿の用紙をプリントアウトしておいて下さい。

環境家計簿-暮らしのCO2チェック

このサイトより、自分の住む都道府県用の環境家計簿をプリントアウトしておき、次回の授業に持参すること。これを教室での練習用教材として使用します。

(2) 電気・ガス・水道・ガソリン・灯油の使用明細
各自の家庭(下宿あるいは実家)での11月分の使用明細を持参すること。次回の授業で、それを使って環境家計簿をつける練習を行ないます。

以上2点を次の授業に必ず持参して下さい。

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »