« 年末休暇でのひととき | トップページ | 年賀状の名簿作り »

2009年12月31日 (木)

2009年を振り返って

いま、JR伊予西条から岡山へ向かう特急しおかぜ22号の車中で、この文章を書いている。大みそかを迎えて、この1年を振り返ってみると、今年は研究・教育両面で、初めての仕事の多い年だったことが思い出される。

まず研究面では3回にわたる海外出張があった。3月に北京、7月にチリのサンティアゴ、9月には再び北京へと出張した。この3回の出張は、いくつかの面でかなり対照的なものだった。

まず参加形態としては、3月の北京は皇學館大学社会福祉学部と中国社会科学院日本研究所社会文化研究室との間での学術交流によるもので、訪問団の一員としての出張だったのに対して、7月のサンティアゴ(世界政治学会)と9月の北京(国際法哲学・社会哲学学会連合)は、単身での出張だった。次に言葉の面では、3月の北京が日本語での研究発表だったのに対し、7月のサンティアゴと9月の北京では、英語での研究発表であった。また、飛行時間としては、北京へは3時間ほどで到着できたのに対して、地球の反対側のサンティアゴには丸一日以上(おそらく一日半ほど)かけて行かなければならなかった。

そもそも1年に3回も海外に行くなどということ自体が初めての経験だったので、苦労も決して少なくなかったが、いろいろな形態での海外出張を経験できたことは、大変有意義だったと思う。

また研究面では、『ハイエク全集Ⅱ-5政治学論集』の監訳に携わったことも非常に大きなことだった。英語→日本語への翻訳の仕事は、7~8人の共訳者の一人として1つの章を担当することはかなり以前に一度あったが(R・バーネット著『自由の構造』木鐸社)、1冊すべてにわたる翻訳を、しかも監訳者としての責任をもって行うことは初めてだった。これについては2年以上にわたる宿題となってしまっていたが、今年中に何とかやり遂げることができて安堵している。

さらに、経済産業省産業構造課における「オルタナティヴ・ヴィジョン研究会」の一員となったことも、実際の政策過程に(たとえ非常に間接的な形ではあれ)関与することになったという点で、非常に大きな出来事だった。

また教育面では、非常勤講師としての出講先が、これまでの大阪市立大学に加えて、関西大学にも行くようになったことが、新たな出来事だった。従来、皇學館大学でも大阪市大においても、担当授業科目名は「政治学概論」「政治学入門」「政治学」といった、実証的な現実分析を主な内容とした科目だった。それに対して、関西大学で担当することになったのは「政治思想史(近・現代)」であった。これは、私の本来の専門分野に密接にかかわるものであるという点で、これまでにはない新たな展開だったといえる。とはいえ、ここに至るまでの間に実証的な政治学を教えてきたことは、私の研究・教育両面での幅を大いに広げることにつながっているので、実証的な現実分析と規範的な思想の両面にわたる科目を担当できていることは、大変ありがたいことだと思っている。そのことが、上記の『ハイエク政治学論集』の解説を書く上でも、大いに役に立った。

また、慶應義塾大学・丸の内シティキャンパスにおいて、社会人を対象とした講座を、ゲスト講師として1回担当したことも、非常に新鮮な経験だった。これは拙著『ハイエクの政治思想』(勁草書房)が認められてのことだったので、大変嬉しいことであった。

本務校の皇學館大学でも非常に大きな転換があった。というのも、社会福祉学部入学生の募集停止(平成21年度入学生を最後として)、伊勢学舎への統合(平成23年度より)、新しい学部として現代日本社会学部のスタート(平成22年度より)といった重大な決定が正式に下されたのが、今年のことだったからである。

このように非常に盛り沢山だった今年も、あともう少しで終わろうとしている。いま、列車はちょうど瀬戸大橋を渡っているところだ。あと30分ほどで岡山に到着し、そのあとは新幹線と近鉄特急を使って、京都経由で橿原神宮前駅へと帰ることになる。実際にこの文章をブログにアップロードするのは、今日の夜に帰宅してからになるが、いずれにせよ、2009年=平成21年もいよいよ終わろうとしている。今晩はゆっくりと家で過ごして、新たな気持ちで新年を迎えたいと思う。

091231_171239 この写真は、伊予西条から岡山に向かって乗ったJR特急しおかぜ22号の車両を、岡山駅で降りたときに写したもの。6歳の娘に喜んでもらうために、アンパンマン列車となっていたこの特急に乗ることにしたものである。

|

« 年末休暇でのひととき | トップページ | 年賀状の名簿作り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 年末休暇でのひととき | トップページ | 年賀状の名簿作り »