« 凧揚げで童心に帰ったお正月 | トップページ | 大阪でのひととき »

2010年1月 4日 (月)

今日の仕事

今日は、午前中はゆっくりと休んでいたが、午後にはちょっとしたひと仕事をした。

それは、先月に担当した皇學館大学社会福祉学部平成21年度第7回月例文化講座の原稿を仕上げる仕事だった。講演叢書として今年4月に刊行するので、そのための原稿である。講座終了後、少しずつ書き進めていたのを、今日、書き上げることができた。研究論文ではなく、『アフルエンザ』という本の紹介が主な内容である。

ちなみに、アフルエンザというのは造語で、アフルエンス(affluence 豊かさ)とインフルエンザ(influenza 流行性感冒)を合わせた言葉である。詳しくは、ジョン・デ・グラーフ他『消費伝染病「アフルエンザ」:なぜそんなに「物」を買うのか』(日本教文社)に書かれている。もともとはアメリカPBSで放送されたドキュメンタリーが本になったものである。

その仕事を終えた後、今日の夜は家族3人で市内のお風呂屋さんに行き、くつろぎのひとときを過ごした。ひと仕事終えた後だったので、のんびりと寛ぐことができた。

今年はこれからも、休みだからといって何もせずに過ごすのではなく、小さなものでもよいから、何か必ず、仕事を進めていこうと思っている。その方が、かえって気持ちが楽になれることだろうと思う。

|

« 凧揚げで童心に帰ったお正月 | トップページ | 大阪でのひととき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 凧揚げで童心に帰ったお正月 | トップページ | 大阪でのひととき »