« 大阪市大 政治学 参考資料:米オバマ政権の核テロリズム対策をめぐって | トップページ | 来年度の授業に備えて(2) »

2010年1月31日 (日)

政党論 リーダーをどう育てるか(朝日新聞より)

昨夜から1泊2日で、伊勢市内のビジネスホテルに宿泊した。本務校の皇學館大学で一般前期入試が行われたからである。その宿泊したホテルでは朝日新聞を宿泊客に無料配布していたので、今朝それを手にとってみたところ、今日の朝刊第9面に「政党論 リーダーをどう育てるか」と題したオピニオン欄があり、なかなか興味深かった。

そのオピニオン欄では、東京大学准教授の内田融氏、北海道大学准教授の中島岳志氏、そして政策コンサルタント会社代表の横江久美氏がそれぞれ見解を述べておられたが、どの見解も、私にとって納得させられるものだった。

政治学の授業をする場合に取り上げられるテーマの一つは政党論だが、授業でも説明しているように、政党の果たすべき重要な役割のひとつは「利益集約機能」、すなわち多元的な利益や価値観を集約し、政策にまとめるという機能である。上記のオピニオン欄で内山氏は、これから目指すべきリーダー像は「小泉タイプ」ではない、と述べておられるが、私もまったく同感である。善悪二元論の単純な構図と印象的なワンフレーズで世論を動かしてきた小泉氏のポピュリスト的な手法では、こうした利益集約機能を着実に果たし続けることなど、望むべくもないからである。

また、そうしたポピュリスト的手法に有権者が熱狂しないことも、きわめて大切なことだ。同欄で中島氏は、1990年代半ば以降、世論が単なる気分になってしまったこと、そしてこの10年間、政党がそうした世論に迎合してきた責任は大きいことを指摘した後、「本来、政党のリーダーにふさわしいのは独断的なカリスマではなく、他者との葛藤に耐えながら、ねばり強く合議形成をしていく能力の持ち主だ」と述べておられるが、これも全くその通りだと私も思う。

そのために求められる能力の一つは、言葉の力である。この点について、同欄で横江氏は「街頭演説や座談を盛り上げるだけではない、本当の意味での言葉の力を磨く必要があります。万人が100%満足する政策などない時代、どう実のある議論をして人々を納得させられるかが問われます」と述べておられることに私も同意する。「万人が100%満足することなどない」と率直に述べられているが、民主主義である以上、様々な利益や価値観が政治の場で表出されるのは当然のことだ。

大切なのは、そうした多元的な利益や価値観が存在する中で、そうした諸利益や価値観にどのような優先順位をつけるべきかを、何らかの首尾一貫した政治思想に基づいて判断し、それを明確に伝える言葉の力を養うことなのである。というのも、従来の「自民党システム」におけるように、諸々の部分利益を無原則に寄せ集めることで「包括政党」であり続けられる時代は、物質的に飽和したがゆえに高度経済成長がもはや望めない現代の脱工業社会においては、すでに終わっているからである。

来たる2月5日(金)に予定されている大阪市立大学の政治学の試験では、90点以上を目指す場合には現代の日本政治について適切な論評を加えることを求めているが、ここで紹介した今朝の朝日新聞のオピニオン欄は、大いに参考にできるものの一つだと思われたので、ここで取り上げた次第である。

なお、大阪市大の授業でも度々言及したが、ここで取り上げた問題を深く考察するための参考文献を、以下に3冊挙げておく。

佐々木毅『民主主義という不思議な仕組み』ちくまプリマー新書
佐々木毅『政治の精神』岩波新書
野中尚人『自民党政治の終わり』ちくま新書

|

« 大阪市大 政治学 参考資料:米オバマ政権の核テロリズム対策をめぐって | トップページ | 来年度の授業に備えて(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪市大 政治学 参考資料:米オバマ政権の核テロリズム対策をめぐって | トップページ | 来年度の授業に備えて(2) »