« ドラッカー『経済人の終わり』を読む | トップページ | twitter 始めました »

2010年3月17日 (水)

ドラッカー再評価熱、高まる

一昨日、本欄でドラッカー『経済人の終わり』を私が再読し始めたことについて書いたが、そのドラッカーの再評価熱が最近、日本でにわかに高まっているらしい。そのことを、今日放送されたNHKクローズアップ現代を見て知った。

そのクローズアップ現代を見て私の心に強く印象に残ったのは、「利益は手段であって目的ではない」などをはじめとしたドラッカーの警句の数々が、多くの経営者たちに強い影響力を与え、その経営を立ち直らせているということだった。どうやらドラッカーの思想は、経営者たちに元気を与えるものらしいのである。

またスタジオゲストとして、ドラッカーの邦訳本のほとんどを訳している上田惇夫氏が登場していたが、その上田氏も非常に明るく、生き生きとしていることにも感心させられた。上田氏の目がキラキラと輝いているのである(その上田氏の肩書が「ドラッカー学会代表」となっていたのを見て、「ドラッカー学会」というものがあるということも初めて知った)。また糸井重里氏もスタジオゲストとして呼ばれていたが、糸井氏もドラッカーのファンだということであった。

そのドラッカーの著書の一つ『産業人の未来』(上田惇夫訳、ダイアモンンド社)では、しかしながら、経済的自由を決して甘いものだと述べているわけではない。むしろ、なかなか厳しいものだと論じており、「自由とは楽しいものではない」とハッキリ述べているのである(第6章)。

にもかかわらず、そのドラッカーの思想が多くの経営者たちを力強く生き生きと立ち直らせていることを考えると、彼の思想は、産業構造の大きな転換期の真っ只中にある現代において、人々にその厳しい自由をあえて引き受けさせ、困難を乗り越える知恵と勇気を与え、さらには、いたずらに利益のみを追い求めることなく、利益を上げること以上の、働くことそれ自体の意義を教えるものらしいのである。

ドラッカー思想のこうした非常に明るい側面は、同時代を生きたハイエクにはないドラッカー独自の特徴だと言えると思う。

|

« ドラッカー『経済人の終わり』を読む | トップページ | twitter 始めました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドラッカー『経済人の終わり』を読む | トップページ | twitter 始めました »