« 「政府・与党二元体制」いまだ克服されず | トップページ | 授業での質問に答えて(1):消費税の増税をめぐって »

2010年5月22日 (土)

政治思想学会2010に参加

今日は、東京大学・本郷キャンパスで開催された2010年度政治思想学会に参加してきた。今日・明日の二日間の日程での開催だが、私自身は日帰りで今日のみの参加とさせていただいた。いま帰りの新幹線の中で、この文章を書いている(学会プログラムの詳細はこちら。ただし、報告ペーパーのダウンロードは政治思想学会員に限定されている)。

今回の共通テーマは《福祉社会と政治思想》というもので、私の研究テーマと密接に関わるものだった。とくにシンポジウムⅠでは「市場イメージの再検討」がテーマとされており、その第三報告が、ハイエクの市場イメージについて、その法の支配概念と科学論の検討を通じて論じるものだったので、大変興味深く聞かせていただいた。

その報告者だった酒井弘格会員(法政大学)に、私の方から質問を2つさせていただいたのだが、その1つ目は、「ハイエクが、みずからの市場イメージとの首尾一貫性が損なわれてしまうにもかかわらず、生活保護など、一定の福祉政策の必要性を認めざるをえなかったのは、一体なぜだったのか?」という質問だった。

それに対する酒井会員のお答えの主旨は、「それはハイエクの自由論や法の支配論から一義的に導かれた論理的な結論ではなく、むしろ心情的なものだったと思われる。その点で想起されるのは、彼が青年時代にはフェビアン主義的社会主義者だったという事実である」というものだったが、それは私自身も秘かに考えていたことだったので、酒井会員からも同趣旨の見解が聞けたことは心強かった。

私からのもう一つの質問は、「ハイエクには、ソ連型社会主義やケインズ主義的福祉国家に対する批判という消極的意義を超える、より積極的な意義などない--というJohn Grayのような立場もありうるが、そのような立場に対して、〔酒井会員は〕どのように応答されるか?」というものだったが、それに対するお答えは、大略、次のようなものだった。

「たしかにハイエクの議論それ自体は、市場と両立しうる福祉政策の基準は何かという問題について、曖昧かつ矛盾した解答しか出せていない。したがって、もっと確固たる思想的基礎を与える作業はこれからの課題として残されているが、ハイエク思想の独創性を継承しつつ、その課題に応えていくことは可能だと思う」

このお答えは、酒井会員の今後の研究業績について、大変強い興味を私に持たせてくれるものだった。というのも、かつて Jeremy Shearmur というハイエク(とポパー)の研究者は、1996年に出した次の本の中で、(私の読解が正しければ)この問題に対してむしろ否定的な答えを出し、リバタリアニズムの一種たる最小国家論の立場にこそ、ハイエク思想を現代的に発展させうる可能性を見出していたからである。

Jeremy Shearmur (1996) Hayek and After: Hayekian liberalism as a research programme (Routledge)

それに対して、酒井会員は、福祉国家に妥協的なハイエクの立場を、Shearmurとは反対に、極端なリバタリアニズムよりも魅力あるものと捉えている。だとするならば、酒井会員はこのShearmurのハイエク研究に対してどのような批判を展開されることになるのだろうか? 私としては大変強い興味を惹かれるのである。

もちろん、これは私自身が一方的に抱いている興味であって、酒井会員の今後の研究方向をそちらに強制しようとする意図は全くない。

とはいえ、実のところ、私自身はこのShearmurのハイエク研究を、まだ十分には消化し切れてはいない。なので、もしも酒井会員がご自分の意志でShearmurのハイエク研究を今後本格的に取り上げることになるのであれば、大いに参考にさせていただきたいのである。

ちなみにShearmurは、そのハイエク批判に当たって、ポパーの科学哲学に依拠していることを、上記の著書で述べている。そして、酒井氏の今日のご報告からは、ハイエクを何よりもまず科学者として捉えているように見受けられた(その点では、渡辺幹雄氏の研究スタンスとよく似ていると言えると思う)。

なので、私の勝手な憶測かもしれないが、もしかするとShearmurの議論スタイルは、人間論を中心に据えたハイエク論を展開していた私よりも、むしろ酒井氏のご関心の方にこそ、まさに合致するかもしれないという気もするのである。

もしもそうだとしたら、氏はShearmurに対してどのような異議を唱えることになるのか。あるいは逆に、綿密な検討の結果、むしろShearmurの見解に同意されることになるのだろうか--もしも氏がご自分の意志でShearmurのハイエク論を取り上げられるとしたら、私としては、そのご研究の成果を是非とも期待したいと思った次第である。

ついでながら、今回のシンポジウムⅠの第三報告においては、報告者の酒井会員からも、またコメンテーターの辻康夫会員(北海道大学)からも、拙著『ハイエクの政治思想』(勁草書房)に対して、大変好意的に言及していただいたことは、まさに望外の喜びであった。これを励みに、これからも研究に勤しんでいきたいと思っている。

|

« 「政府・与党二元体制」いまだ克服されず | トップページ | 授業での質問に答えて(1):消費税の増税をめぐって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「政府・与党二元体制」いまだ克服されず | トップページ | 授業での質問に答えて(1):消費税の増税をめぐって »