« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月21日 (火)

私が「ゲゲゲの女房」を見ていた理由

この4月から放送されてきたNHKの連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」も今週がいよいよ最終週だが、私はこの「ゲゲゲの女房」をほとんど欠かさず見てきた。それまではNHKの連続テレビ小説を見る習慣があまりなかった私が、この「ゲゲゲの女房」にかんしては熱心に見てきたのには、理由がある。それは、私と水木しげるさんとの間に、ある接点を感じていたからである。

もちろん私は漫画家ではないし、それにそもそも生まれた時代も全然違う(1969年生の私に対して、水木しげるさんは1922年生)。妖怪に非常に詳しい水木さんに対し、私が知っているのは、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」によく出てきていた「ネコ娘」とか「こなひきじじい」とかなどにすぎない。

それでは、そんな私が水木さんとの間に感じていた「ある接点」とはいったい何だったのか?--それは、私も水木さんも「左腕を失くしていた」ということである。

私が左腕を失ったのは、2歳3ヶ月のことだったらしい。私自身は全く覚えていないのだが、両親が精肉業を営んでいて、その精肉店の機械に左腕を巻き込まれたのだそうである。肘から少し下のところだけを残して、あとは切断されてしまった(私の身障者手帳には「左前腕欠損」と書かれている)。私自身は物心ついた頃からすでにそういう状態だったので、当の本人は案外平気なものだったのだが、いま思えば、むしろ自分の子どもに大怪我を負わせてしまった両親の方が、はるかに辛かったに違いないと思う。

その私と同じように水木さんも左腕を失っていたことを、しかしながら、実は今年になるまで私は知らなかった。水木さんの場合は、戦争で失ったのだという。ひょんなことからそのことを知り、その水木さんの奥様が書かれたという自伝『ゲゲゲの女房』がドラマになると聞いて、「それなら一度見てみようか」と思ったのである。漫画家・水木しげる(本名:武良茂)を支えた妻・武良布枝の視点から描かれたこの人生ドラマに、私も強く惹きつけられたものであった(その勢いで、武良布枝さんの『ゲゲゲの女房』も買いこんで、一気に読んでしまったほどである)。

NHK出版から今年の7月に刊行された水木しげる著『ゲゲゲの人生 わが道を行く』を買って読もうと思ったのも、そのドラマを見て、水木さんの人生そのものに興味を持ったからであった。

この『ゲゲゲの人生』にも非常に興味深いことがたくさん書かれていたのだが、私が最も強く興味を惹かれたのは、水木さんが戦地で九死に一生を得た体験だった。それによると、水木さんは南方のニューブリテン島に派兵されていたが、その最前線のバイエンというところで、ある日、夜明け近くの時間の見張りとして、海から来るであろう敵を見張っていた。

ところがその見張りをしているときに、「朝日が昇るにつれて刻一刻と海が黄金色に輝きはじめ、息を飲むような美しい風景」がそこには広がっており、そんな風景の中で、なんと水木さんは、「青々と茂る木々に止まっている極彩色のオウムたちに双眼鏡でうっとり見とれていた」というのである。つまり水木さんは戦地の最前線にいたにもかかわらず、“戦う心境”ではなく、自然の美しい光景に感動できるような“平和な心境”にいたというわけである。

そのときに、海から来るとばかり思われていた敵が、その裏をかいて山側から攻めてきたために、兵舎にいた他の兵隊は全部やられてしまったが、水木さんだけはその攻撃を免れた。必死に逃げて、命からがら、陸軍中隊に戻ることができたという。

その後、爆撃を受けて左腕に重傷を負ったため、水木さんは左腕を肩の少し下の辺りから切断せざるを得なくなったのだが、そのおかげで後方の野戦病院に送られることになり、命は失わずに済むことになったのであった。

その水木さんは、後方の野戦病院に送られていたとき、現地のトライ族の人々と大変仲良しになったのだという。その後、終戦の知らせが届き、日本に帰ろうとしたとき、そのトライ族の人々から「日本に帰らず村に残れ。ここで一緒に住めばいいじゃないか」と言われたので、一時は本気で、島に残ろうかと思ったぐらいだったのだという。

私が非常に感動したのは、水木さんが、戦地にいてさえも、自然の美しい風景に目を向けたり、現地の人々と分け隔てなく仲良くなれるような、きわめて平和な心境を持っておられたことである。その水木さんは今も現役の漫画家として活躍されながら、飄々と生きておられる。

私もそんな水木さんを少しでも見習って、平和な心境で力まずに努力して、生きていきたいと思う。

【参考文献】
水木しげる『ゲゲゲの人生 わが道を行く』NHK出版、2010年7月25日発行

| | コメント (1)

2010年9月20日 (月)

『越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文』を読む

最近、越前敏弥著『越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文-あなたはこれをどう訳しますか?』<ディスカヴァー携書033>(ディスカバー・トゥエンティワン、2009年)を、電車の中や寝る前などの時間に読み直している。本の題名どおり、たしかに誤訳しやすい英文がたくさん集められていて、非常に興味深い。

私がこの本を買ったのは、たしか昨年の夏ごろだっただろうか。その頃、『ハイエク全集Ⅱ-5 政治学論集』の監訳に取り組んでいたので(春秋社より2009年12月に刊行された)、その監訳にも役立つかもしれないと思い、購入したのだった。

そのおかげで、その監訳に誤訳はなかったと信じたいのだが、万が一、誤訳があったとしても、それはもちろん私のせいであって、越前氏の責任ではない。いずれにしても、非常に良い勉強になる本である。

詳しくはこの本を買ってお読みになっていただきたいのだが(本体価格1000円)、ここでは、この本の中から英文を2例だけ紹介しておこう。ただし、著作権に触れるといけないので、正解はここには掲載せず、正解と解説が載っているページ数のみを示すことにする。

さて、みなさんなら、この英文をどう訳されますか?

まずは、この本の表紙に載せられている英文例:

I waited for fifteen minutes-they seemed as many hours to me.(正解と解説は78ページ。as many hours をどう訳すかがポイント)

次に、否定表現の中からも一例を挙げておこう。これは二人の間での会話文である:

"Any luch at all, we'll get promoted."
"Never with our luck."
(正解と解説は36-40ページ。Never が何を否定しているかがポイント。いわゆる否定省略文であり、日本語の否定表現とは根本的に違うので、日本人にとっては練習が必要)

【追記】
一つ、英単語の入力ミスがありましたので、訂正します:

(誤) Any luch → (正) Any luck
(2010.09.21 18:08 記)

| | コメント (0)

2010年9月 1日 (水)

豊永郁子「小沢一郎論」を読む

現在、大阪市立大学法学部で政治学の集中講義を行なっているところだが、その大阪市大の図書館で、『新保守主義の作用』や『サッチャリズムの世紀 新版』(いずれも勁草書房)の著書で有名な、豊永郁子・早稲田大学教授(比較政治学)の書かれた「小沢一郎論--前衛主義と責任倫理のあいだ」という論文が、『世界』(岩波書店)の2010年7月号と8月号とに分けて掲載されているのを見つけたので、図書館内でそのコピーをとり、複写申込書を図書館のカウンターに提出した後、帰りの電車の中でそれを読んだところ、小沢一郎という政治家がいかなる思想の持ち主なのかが非常によく分かった。

その論文で豊永教授は、昨秋放映されたNHKスペシャル「証言ドキュメント--永田町・権力の興亡1993-2009」(書籍化されたものが2010年3月に刊行)、および小沢一郎氏の著書『日本改造計画』(講談社、1993年)にもとづき、小沢氏の思想について、鋭利な分析を加えている。

その論旨をこの場であまりに詳しく紹介することは(著作権の侵害になる恐れがあるので)差し控えたいが、「やはりそうだったのか…」と首肯させられたのは、小沢氏が「目的のためならどんな手段をとることも辞さない」という思想の持ち主だということであった。

しかしながら、この豊永論文を読んで初めて分かったことは、そして背筋の凍る思いをさせられたのは、その小沢氏の論理が、かつての共産主義革命の下で少数の前衛集団による権力の独占が正当化された論理と非常によく似ている、と指摘されていることであった。

もちろん小沢氏は共産主義者ではない。しかしながら、その小沢氏の言動においては、かつての共産主義革命における方法論としての前衛主義と同様に、「真の民主主義」を実現するための手段として権力闘争が位置づけられており、さらに権力をひとところに集中させ、権力を排他的に掌握する主体を創造しようという指向が認められる。「真の民主主義」の実現過程において必要とあらば、非民主主義の道を行き、ときには反社会的な手段に訴えかけることも“前衛”の使命であり特権なのであって、大目標の実現過程では多くのことが免罪されるし、免罪されなければならない--このように信じる姿勢が、小沢氏の言動から窺えるというのである……!(『世界』2010年7月号、63-64頁)

たしかに小沢氏は、権力をそれ自体のために追求する政治家ではない。つまり権力自体がもたらす優越感を満喫するために権力を追求する政治家ではない。この点では小沢氏はウェーバーの批判を免れている。

しかしながらそのウェーバーが、その実、最も警戒していたのは、目的意識にあふれた心情倫理家がどのような手段をも厭わなくなることであり、しかもその手段が思わぬ結果を惹き起こしかねないことへの配慮を全く欠いてしまうこと(すなわち責任倫理を欠いてしまうこと)であった。そして小沢氏の前衛主義にはそうした危険性が大いに潜んでおり、それはウェーバーの力説した責任倫理とは大いに隔たっているのだが、そうしたウェーバーの真意が全く誤解されてしまっているというのである(『世界』2010年8月号231-232頁)。

その他、この豊永論文で論じられているのは、主に以下の諸点である:

○小沢氏は個人の自立と自己責任を訴えた1990年代の主張を後に撤回したという見方がこれまで一般的であったが、上記のNHKの番組で最後に小沢氏が日本人の自立心への思いを熱く語っていたことから分かるように、実はその自立論が今もなお健在であったということ

○ところがその自立論において前提とされている自由概念は、自由主義の父ジョン・ロックが唱えたそれとは実は全く異なるものであり、市民社会以前の自然状態における弱肉強食主義の相貌を備えていること

関心を持たれた読者には、この豊永論文を読まれることを強くお勧めしておきたい。ちなみに、豊永教授の『サッチャリズムの世紀』はサントリー学芸賞を受賞した著作であることも、ここで申し添えておく。

【引用文献】
豊永郁子「小沢一郎論(上)--前衛主義と責任倫理のあいだ」『世界』2010年7月号、58-72頁。
  同 「小沢一郎論(下)--前衛主義と責任倫理のあいだ」『世界』2010年8月号、222-239頁。

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »