« 民主党における「もう一つの政府・与党二元体制」 | トップページ | 『越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文』を読む »

2010年9月 1日 (水)

豊永郁子「小沢一郎論」を読む

現在、大阪市立大学法学部で政治学の集中講義を行なっているところだが、その大阪市大の図書館で、『新保守主義の作用』や『サッチャリズムの世紀 新版』(いずれも勁草書房)の著書で有名な、豊永郁子・早稲田大学教授(比較政治学)の書かれた「小沢一郎論--前衛主義と責任倫理のあいだ」という論文が、『世界』(岩波書店)の2010年7月号と8月号とに分けて掲載されているのを見つけたので、図書館内でそのコピーをとり、複写申込書を図書館のカウンターに提出した後、帰りの電車の中でそれを読んだところ、小沢一郎という政治家がいかなる思想の持ち主なのかが非常によく分かった。

その論文で豊永教授は、昨秋放映されたNHKスペシャル「証言ドキュメント--永田町・権力の興亡1993-2009」(書籍化されたものが2010年3月に刊行)、および小沢一郎氏の著書『日本改造計画』(講談社、1993年)にもとづき、小沢氏の思想について、鋭利な分析を加えている。

その論旨をこの場であまりに詳しく紹介することは(著作権の侵害になる恐れがあるので)差し控えたいが、「やはりそうだったのか…」と首肯させられたのは、小沢氏が「目的のためならどんな手段をとることも辞さない」という思想の持ち主だということであった。

しかしながら、この豊永論文を読んで初めて分かったことは、そして背筋の凍る思いをさせられたのは、その小沢氏の論理が、かつての共産主義革命の下で少数の前衛集団による権力の独占が正当化された論理と非常によく似ている、と指摘されていることであった。

もちろん小沢氏は共産主義者ではない。しかしながら、その小沢氏の言動においては、かつての共産主義革命における方法論としての前衛主義と同様に、「真の民主主義」を実現するための手段として権力闘争が位置づけられており、さらに権力をひとところに集中させ、権力を排他的に掌握する主体を創造しようという指向が認められる。「真の民主主義」の実現過程において必要とあらば、非民主主義の道を行き、ときには反社会的な手段に訴えかけることも“前衛”の使命であり特権なのであって、大目標の実現過程では多くのことが免罪されるし、免罪されなければならない--このように信じる姿勢が、小沢氏の言動から窺えるというのである……!(『世界』2010年7月号、63-64頁)

たしかに小沢氏は、権力をそれ自体のために追求する政治家ではない。つまり権力自体がもたらす優越感を満喫するために権力を追求する政治家ではない。この点では小沢氏はウェーバーの批判を免れている。

しかしながらそのウェーバーが、その実、最も警戒していたのは、目的意識にあふれた心情倫理家がどのような手段をも厭わなくなることであり、しかもその手段が思わぬ結果を惹き起こしかねないことへの配慮を全く欠いてしまうこと(すなわち責任倫理を欠いてしまうこと)であった。そして小沢氏の前衛主義にはそうした危険性が大いに潜んでおり、それはウェーバーの力説した責任倫理とは大いに隔たっているのだが、そうしたウェーバーの真意が全く誤解されてしまっているというのである(『世界』2010年8月号231-232頁)。

その他、この豊永論文で論じられているのは、主に以下の諸点である:

○小沢氏は個人の自立と自己責任を訴えた1990年代の主張を後に撤回したという見方がこれまで一般的であったが、上記のNHKの番組で最後に小沢氏が日本人の自立心への思いを熱く語っていたことから分かるように、実はその自立論が今もなお健在であったということ

○ところがその自立論において前提とされている自由概念は、自由主義の父ジョン・ロックが唱えたそれとは実は全く異なるものであり、市民社会以前の自然状態における弱肉強食主義の相貌を備えていること

関心を持たれた読者には、この豊永論文を読まれることを強くお勧めしておきたい。ちなみに、豊永教授の『サッチャリズムの世紀』はサントリー学芸賞を受賞した著作であることも、ここで申し添えておく。

【引用文献】
豊永郁子「小沢一郎論(上)--前衛主義と責任倫理のあいだ」『世界』2010年7月号、58-72頁。
  同 「小沢一郎論(下)--前衛主義と責任倫理のあいだ」『世界』2010年8月号、222-239頁。

|

« 民主党における「もう一つの政府・与党二元体制」 | トップページ | 『越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文』を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 民主党における「もう一つの政府・与党二元体制」 | トップページ | 『越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文』を読む »