« 『越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文』を読む | トップページ | NHKラジオ英会話の聴講を再開 »

2010年9月21日 (火)

私が「ゲゲゲの女房」を見ていた理由

この4月から放送されてきたNHKの連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」も今週がいよいよ最終週だが、私はこの「ゲゲゲの女房」をほとんど欠かさず見てきた。それまではNHKの連続テレビ小説を見る習慣があまりなかった私が、この「ゲゲゲの女房」にかんしては熱心に見てきたのには、理由がある。それは、私と水木しげるさんとの間に、ある接点を感じていたからである。

もちろん私は漫画家ではないし、それにそもそも生まれた時代も全然違う(1969年生の私に対して、水木しげるさんは1922年生)。妖怪に非常に詳しい水木さんに対し、私が知っているのは、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」によく出てきていた「ネコ娘」とか「こなひきじじい」とかなどにすぎない。

それでは、そんな私が水木さんとの間に感じていた「ある接点」とはいったい何だったのか?--それは、私も水木さんも「左腕を失くしていた」ということである。

私が左腕を失ったのは、2歳3ヶ月のことだったらしい。私自身は全く覚えていないのだが、両親が精肉業を営んでいて、その精肉店の機械に左腕を巻き込まれたのだそうである。肘から少し下のところだけを残して、あとは切断されてしまった(私の身障者手帳には「左前腕欠損」と書かれている)。私自身は物心ついた頃からすでにそういう状態だったので、当の本人は案外平気なものだったのだが、いま思えば、むしろ自分の子どもに大怪我を負わせてしまった両親の方が、はるかに辛かったに違いないと思う。

その私と同じように水木さんも左腕を失っていたことを、しかしながら、実は今年になるまで私は知らなかった。水木さんの場合は、戦争で失ったのだという。ひょんなことからそのことを知り、その水木さんの奥様が書かれたという自伝『ゲゲゲの女房』がドラマになると聞いて、「それなら一度見てみようか」と思ったのである。漫画家・水木しげる(本名:武良茂)を支えた妻・武良布枝の視点から描かれたこの人生ドラマに、私も強く惹きつけられたものであった(その勢いで、武良布枝さんの『ゲゲゲの女房』も買いこんで、一気に読んでしまったほどである)。

NHK出版から今年の7月に刊行された水木しげる著『ゲゲゲの人生 わが道を行く』を買って読もうと思ったのも、そのドラマを見て、水木さんの人生そのものに興味を持ったからであった。

この『ゲゲゲの人生』にも非常に興味深いことがたくさん書かれていたのだが、私が最も強く興味を惹かれたのは、水木さんが戦地で九死に一生を得た体験だった。それによると、水木さんは南方のニューブリテン島に派兵されていたが、その最前線のバイエンというところで、ある日、夜明け近くの時間の見張りとして、海から来るであろう敵を見張っていた。

ところがその見張りをしているときに、「朝日が昇るにつれて刻一刻と海が黄金色に輝きはじめ、息を飲むような美しい風景」がそこには広がっており、そんな風景の中で、なんと水木さんは、「青々と茂る木々に止まっている極彩色のオウムたちに双眼鏡でうっとり見とれていた」というのである。つまり水木さんは戦地の最前線にいたにもかかわらず、“戦う心境”ではなく、自然の美しい光景に感動できるような“平和な心境”にいたというわけである。

そのときに、海から来るとばかり思われていた敵が、その裏をかいて山側から攻めてきたために、兵舎にいた他の兵隊は全部やられてしまったが、水木さんだけはその攻撃を免れた。必死に逃げて、命からがら、陸軍中隊に戻ることができたという。

その後、爆撃を受けて左腕に重傷を負ったため、水木さんは左腕を肩の少し下の辺りから切断せざるを得なくなったのだが、そのおかげで後方の野戦病院に送られることになり、命は失わずに済むことになったのであった。

その水木さんは、後方の野戦病院に送られていたとき、現地のトライ族の人々と大変仲良しになったのだという。その後、終戦の知らせが届き、日本に帰ろうとしたとき、そのトライ族の人々から「日本に帰らず村に残れ。ここで一緒に住めばいいじゃないか」と言われたので、一時は本気で、島に残ろうかと思ったぐらいだったのだという。

私が非常に感動したのは、水木さんが、戦地にいてさえも、自然の美しい風景に目を向けたり、現地の人々と分け隔てなく仲良くなれるような、きわめて平和な心境を持っておられたことである。その水木さんは今も現役の漫画家として活躍されながら、飄々と生きておられる。

私もそんな水木さんを少しでも見習って、平和な心境で力まずに努力して、生きていきたいと思う。

【参考文献】
水木しげる『ゲゲゲの人生 わが道を行く』NHK出版、2010年7月25日発行

|

« 『越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文』を読む | トップページ | NHKラジオ英会話の聴講を再開 »

コメント

先生、お久しぶりです。
以前から気になっていたことが、この日の日記に書かれていてビックリしました。小さい頃に腕をなくされたんですね。こういう話題は正直、聞いて良いものかとずっと考えていましたので…。
さて、ゲゲゲの女房ですが親は真剣に見ていたようです。私は本当にテレビを見ないので、詳しくは分かりませんが。
水木しげるさんの戦争中に平和な気持ち、とても複雑ですね。人々が目の前で殺されていく中で、どうして「この景色が綺麗だ」と見惚れていられたのか。表現は微妙かもしれませんが、油汚れの水たまりの中に洗剤をたった1滴落とすだけで一時的にその部分が綺麗になる、そんな感じに思えました。普段なら何てことないものでも、たった少しの違った見方や現象、きっかけで人の心は変われるのだということでもあると思います。

投稿: 西野 | 2010年11月21日 (日) 19時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『越前敏弥の 日本人なら必ず誤訳する英文』を読む | トップページ | NHKラジオ英会話の聴講を再開 »