« 英語の発想と日本語の発想:私の翻訳体験記(皇大・地文研「ちょっとちょっと講義」最終回) | トップページ | 日経新聞経済教室・集中講義「市場を考える」を読む »

2011年1月 4日 (火)

毎日新聞社説で『成長なき時代の「国家」を構想する』に好意的評価

皆さま、新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

さて、昨年12月に本欄で紹介してきた『成長なき時代の「国家」を構想する』(ナカニシヤ出版)が、今朝の毎日新聞社説で大変好意的に取り上げられていたので、そのリンクを以下に貼っておきたい。

毎日新聞社説「2011扉を開こう 福利増大めざす国家に」(2011年1月4日)

このように本書が注目されることは、著者の一人として大変喜ばしいことであると同時に、責任の大きさをヒシヒシと感じる。その責任を肝に銘じて、今年も少しずつではあるが、地道に研究を進めていこうと思っている。

【追記】この記事の表題を、一部改めました(旧題:毎日新聞社説で『成長なき時代の「国家」を構想する』に言及)2011年1月4日17:30記

|

« 英語の発想と日本語の発想:私の翻訳体験記(皇大・地文研「ちょっとちょっと講義」最終回) | トップページ | 日経新聞経済教室・集中講義「市場を考える」を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英語の発想と日本語の発想:私の翻訳体験記(皇大・地文研「ちょっとちょっと講義」最終回) | トップページ | 日経新聞経済教室・集中講義「市場を考える」を読む »