« 2011年7月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年8月29日 (月)

試験の採点で体験した新たな心境(2)

昨日の本欄で「穏やかな温かい心境で採点できるようになった」と書いたが、それは決して「甘い採点をする」ということではない。適切なレベル設定に基づいて客観的な採点基準を設けて試験を行なっている以上、厳正に採点しなければならないのは当然だ。したがって、所定の基準に達していない答案には、不可という評価を付けざるを得ない。

しかし、その「不可」という評価を与える場合、これまでは、強い徒労感を覚えてきた。「こちらはこれだけ一生懸命授業をしてきたのに…」という失望感を、かなり強く感じてきたのである。

ところが、今回から味わうようになった新たな心境の下では、ある答案を不合格にする場合にも、穏やかな平常心を保てるようになった。「はい、残念だけど不合格!また来年、出直しておいで!!」という感じで、非常にサッパリとした気持ちになることができたのである。

たしかに、以前の私のように、「これだけ一生懸命教えてあげたのに…」という思い、すなわち教師として行なってきた努力に学生も応えてほしい!!--という思いを強く抱くのは、人情として当然だと言えるかもしれない。

だが、教えを受けたうえで、それを身につけるためにどれだけ努力しようとするかどうかは、よく考えてみれば、学生の自由だとも言えるだろう。こちらの熱意をどれだけ受け止めようとするかどうかは、最終的には、学生次第なのだ。にもかかわらず、「どうしてこちらの思いに応えてくれないのか…」と腹立たしく思ってしまうのは、一種の執着だと言えるのではあるまいか。

そういう考えに立ち至ったとき、非常に爽やかな気持ちになることができた。これは決して、「学生の成績など、どうでもよい」という無関心では全くない。教師として必要な努力をしてきたという確信があるのであれば(実際にその確信は持っているのだが)、あれだけの労力を費やして、15週間にもわたって授業を行なってきた以上、受講生諸君には必要な知識・能力を是非とも身につけてほしい!!--と願う気持ちを抱くのは当然だろう。

そういう熱い思いを強く強く持っていたとしても、にもかかわらず、それをどれだけ真剣に受け止め、それに応えるべくどれだけ努力しようとするかは、最終的には学生の自由に任せるのである。これはいわば、執着から解き放たれた“放つ愛”とでも言えるだろうか。

また、そうした“放つ愛”の背後には、「もっとやる気を出して努力すれば、必ず合格レベルに達することができるはずだ」という信念、すなわち受講生諸君の潜在能力に対する期待・信頼がなければならない。そうであってこそ、「また来年、出直しておいで!!!」と力強く心の中で叫ぶことができるのである。

今回、必要な場合にはやむなく不可とするにあたって、非常に穏やかな平常心を保てたのは、以上のような心境に達することができたからだと思う。

| | コメント (0)

2011年8月28日 (日)

試験の採点で体験した新たな心境

去る8月25日に、本務校の皇學館大学と非常勤先の関西大学における試験答案の採点を、追試験答案も含めて、ようやく全て終えることができた。8月に入ってからは、お盆休みを除けば、採点に明け暮れる日々だった。この春学期の担当科目をすべて合わせると、500枚以上の答案を採点したと思う。

実はその採点の最中に、今年はちょっとした新たな心境を体験した。

一生懸命に採点するのは例年のことだったが、昨年度までは、義務感ばかりが強すぎたためか、正直言って、かなり苦痛な作業だと感じていた。苦痛とはいえ、非常に重要な仕事なので、その義務感だけで何とか乗り切ってきたように思う。

ところがこの夏は、そのような冷たい義務感ではなく、温かな心で採点に取り組むことができるようになった。1枚1枚に集中しつつ、時間を忘れて、穏やかな心で採点に集中することができるようになったのである。

そのきっかけは、誠に意外なものだった。そうした心境に達することができたのは、小学校2年生の娘がその友達二人と我が家で遊んでいたとき、私がその三人の遊び相手をしてやった日の夜のことだったのである。

その日の昼は、我が家の庭に家庭用のプールをセットし、そのプールで遊んだのだが、元来、子どもと遊ぶのが好きであり、得意でもある私は、久しぶりに童心にかえり、その子供たち三人と思いっきりはしゃいだ。子供たちに楽しんでもらう一心だった私は、ボールをぶつけられたり、水をかけられたりして、子どもたちが喜べるよう、「やられ役」に徹したのだった。

そうして、その日の夜に採点を再開した時、上記のような心境の変化を感じたのである。そのことに気付いた時は、我ながら非常に驚いた。そして、「どうしてだろう?」と考え始めたのである。

そのときに思い浮かんだのが、子どもたちの遊び相手になってあげたときの心境だった。その時の心の状態は、非常に穏やかで温かいものになっていた。その穏やかで温かい感情をもったまま採点を再開したために、苦痛を感じることなく、柔らかい心で、採点の仕事に取り組めるようになったのである。

このような新たな心境に到達できたことは、誠に有難いことだった。これからも家族や子どもたちへの温かい愛の心を大切にしつつ、穏やかな心で仕事に取り組んでいきたいと思っている。

| | コメント (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年10月 »