« 山中優の博士論文審査結果がWeb上で公表されていました | トップページ | 工場式畜産の問題点(2):映画「フード・インク」を見る »

2011年11月24日 (木)

動物との共生について考えさせられる出来事

今日、動物との共生のあり方について、深く考えさせられる出来事に遭遇した。鳩が窓に衝突死するのを目の当たりにしたのである。

今日の午後2時40分頃、伊勢市の近鉄宇治山田駅の4番線で14:48発難波行の特急電車を待っていたら、駅にいた鳩の群れが、一斉に勢いよく飛び立ち始めた。すると突然、ガガーン‼ という激しい音がして、ギャー‼と、何人もの人が叫び声をあげるのが聞こえたので、驚いてその音のした方向を見てみると、鳩が2羽、駅の窓に激しく衝突していたのである。

そのうちの1羽は、フラフラしながらも、何とか駅のプラットホームで起き上がったが、もう1羽は、仰向けになったまま、ピクリとも動かない。どうやら、駅建物の透明窓に激しく衝突し、首の骨を折ってしまったようであった……。

鳥には透明の窓が認識できないので、激しく衝突死することがあるとは以前に聞いたことがあった。しかし、まさかそれが自分の目の前で起きるとは夢にも思っていなかったので、本当にビックリすると同時に、衝突死してしまった鳩が本当に可哀想だった。

私自身の大学研究室では、そんなことが起こらないように、窓のブラインドをいつも下ろして、鳥にも見えるようにはしているが、この駅での出来事は、私一人の力では何とも防ぎようがなかった。その無力感に打ちひしがれつつ、私は人と動物との共生のあり方について、深く考えさせられたのである。

|

« 山中優の博士論文審査結果がWeb上で公表されていました | トップページ | 工場式畜産の問題点(2):映画「フード・インク」を見る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山中優の博士論文審査結果がWeb上で公表されていました | トップページ | 工場式畜産の問題点(2):映画「フード・インク」を見る »