« 私の経済学の勉強ノートを公開します | トップページ | iPadを使った生活 »

2012年2月27日 (月)

『マンキュー経済学 Ⅰ ミクロ編』を勉強しています

本欄の前回と前々回の記事でも述べたように、現在、『マンキュー経済学 Ⅰ ミクロ編』(東洋経済新報社)の勉強を進めているところである。

今日で第15章までを終えた。第Ⅳ部の第12章までは順調に理解することができてきたのだが、第Ⅴ部の第13章に入ってからは少々苦戦し始めた。第Ⅴ部全体のテーマは「企業行動と産業組織」であり、第13章は「生産の費用」、第14章は「〔完全〕競争市場における企業」、そして第15章は「独占」である。ちなみに、その第Ⅴ部は第16章「寡占」、第17章「独占的競争」と続いていく。そして第Ⅵ部のテーマは「労働市場の経済学」であり、最後の第Ⅶ部は「より進んだ話題:第21章 消費者選択の理論」で締め括られている。

その第Ⅴ部を勉強し始めて思い出したのは、ずいぶん以前に経済学の独学を始めて結局挫折してしまった時、躓いた箇所がまさにここだった、ということである。

しかし、その時は、勉強し始めてからすぐのことだった。それなのに、今回は第13章まで来てやっと「ちょっと難しいな…」と思い始めたのである。

「何故だろう?」と思って、ふと「訳者あとがき」の次のくだりを読んでみたとき、そのわけが分かった。『マンキュー経済学 Ⅰ ミクロ編』では、その説明の順序に、通常の教科書とは異なる工夫が凝らされているというのである:

マクロ経済学というイメージが強いマンキュー教授ではあるが、実はミクロ編は大方の予想をはるかに上回るすばらしい出来栄えになっている。一つの特徴は、叙述の順序が通常の教科書とは異なり、一つの市場に焦点を合わせる、いわゆる部分均衡分析により、市場の均衡とその変化、および経済厚生について一気に説明しており、消費者や企業の行動については後述となっていることである。ミクロ経済学を理解していくうえで、どのような順序で学んでいけばよいかについての工夫が十分こらされている(p. 634)。

つまり、私が以前、早々に挫折してしまった箇所は「消費者行動」や「企業行動」だったのだが、『マンキュー経済学 Ⅰ ミクロ編』では、それが後回しにされており、第Ⅴ部になって初めて出て来ているために、ここまで私も一気に走ってくることができたというわけである。

この「訳者あとがき」の635頁には、「訳者たちが経済学を勉強しはじめたときには、数式や図表の羅列された無味乾燥な教科書しかなかったことを思い出すと、現在このような魅力にあふれる教科書を手にすることができる読者をうらやましく思う」と書かれている。いま私の手元にあるこの訳書は第1版だが、その刊行は2000年4月20日である。そして、私が以前に挫折したのは、その刊行日より前のことだったように思う。だとすれば、私がその時に早々と挫折してしまったのも、無理のないことだったのかもしれない…と自分で自分を励ますことができた。

その第13章以降も、以前に挫折した時に比べれば、かなりの程度、理解することができたように思う。明日からはまた、本務校での仕事が三日間ほど続くので、今日までのように非常にまとまった時間をすべて経済学の勉強に割くことは、しばらくできなくなるが、それでも少しずつ、この『マンキュー経済学』の勉強を続けていきたい。この第1版の訳書は大学図書館から借りたものだが、2005年9月に第2版の邦訳も出されているようなので、この第1版を勉強し終えたら、いずれ第2版も読もうと思っている。

|

« 私の経済学の勉強ノートを公開します | トップページ | iPadを使った生活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私の経済学の勉強ノートを公開します | トップページ | iPadを使った生活 »