« iPadを使った生活 | トップページ | 公務員試験のミクロ経済学について思ったこと »

2012年4月23日 (月)

マンキュー経済学(マクロ編)勉強記

ミクロ編は何とか読み終えたので、先月下旬あたりから、時間の合間を見つけて、同マクロ編を読み進めてきた。他の標準的教科書とは説明の順序を変えて、長期の閉鎖経済から説明を始めてくれていたので、私にも何となく分かったような気がした。

ところが、第Ⅴ部の開放経済に入った途端、電車内での読書だけでは分かりにくくなってしまった。第Ⅵ部の短期のマクロ経済変動についても、きっと同じに違いない。目で読むだけではなくて、手も動かしてジックリ勉強したいところではあるが、今はその時間が取れない。すでに授業期間が始まっており、私の授業担当は経済学ではなく政治学だからだ。なので、このあたりで近代経済学の勉強は一旦中断して、他の研究に時間を振り向けようと思う。

ちなみに、上述の「他の研究」というのは、市場の歴史を追うこと、言い換えれば、市場システムが近代以降に高度に発展するに至る以前の、古代・中世における市場とはいかなるものであったかを知ることである。それは、本欄2012年2月23日にも書いたとおり、「政治概念としての市場の歴史的展開を追う」という研究計画に関わるものだ。今後しばらくの研究においては、近代以降の経済学によって高度に分析されている複雑な市場システムの方ではなく、近代以前の市場の歴史を見ていくことに専念しようと思っている。

|

« iPadを使った生活 | トップページ | 公務員試験のミクロ経済学について思ったこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« iPadを使った生活 | トップページ | 公務員試験のミクロ経済学について思ったこと »