« アダム・スミスを改めて勉強中 | トップページ | 1000時間ヒアリングマラソンを始めました »

2013年1月18日 (金)

関大最終講義「“権力の病理学”に代わるものを求めて」

今日は、私の関西大学での最終講義を行った。今年度最後というのではなく、非常勤講師として関大で授業するのが最後という意味である。本務校の皇學館大学での仕事が非常に多用になったので、非常勤の仕事は今年度限りとすることにしたのである。

その最終講義では、「“権力の病理学”に代わるものを求めて」と題して講義を行った。その概要は以下の通りである。

政治思想史として教えられることになっている内容は、実は、大体において、“権力の病理学” (the pathology of power)とでも言うべきものである。というのも、それは人類史における危機的で異常な場面に焦点を当てたものであることが多いからだ。

しかしながら、現代アメリカの文明評論家ジェレミー・リフキンに言わせれば、もしもそれが人類史のほとんどを占める本質であったとすれば、種としての人類は、もうずっと以前に滅んでしまっていたことだろう。ところが、リフキンによれば、実は人間は “共感スル人 Homo Empathicus” なのであり、他者の立場に自分を置いて、感情を共有することができるのである。リフキンはそのことを、心理学や脳科学等における最新の研究成果を豊富に挙げつつ、縦横無尽に論じている。そして、リフキンは現代のわれわれに“感情共有文明”(The Empathic Civilization)の構築を訴える。しかも、その感情共有の範囲を、人類にのみとどめることなく、自然界にまで及ぼすべきことを説くのである。というのも、地球環境問題の根本的解決の道はそこにしかないからである。このリフキンの議論は、最近のグリーン・リベラリズム(green liberalism)の目指す方向性とも一致していると私には思われる。

こうした議論を今の日本政治にあてはめるならば、これまでの日本政治を蝕んできた「分断の政治」を超えるためにこそ、感情共有文明の構築が不可欠だという結論が出せるだろう。生活保障問題にせよ、TPP問題にせよ、現代の日本では、高生産性部門と低生産性部門との間で深刻な亀裂が走っている。TPP問題ひとつとってみても、再び政権の座についた自民党の中で推進派と反対派が混在しており、その両派の間で対立の火種はくすぶり続けている。それがいつ火を噴いても、決しておかしくはない状況だ。今夏の参院選の時期が近づくにつれて、両者の間での緊張は高まる一方であろう。“アベノミクス”に、それを解消・昇華させる知恵が果たしてあるのかどうかーーそこに現政権の試金石の一つが存在していると思われるのである。

さて、関大での非常勤が今年度限りであることは、先週の授業で、受講生諸君に公表した。その授業のあと「授業評価アンケート」を行ったが、その自由記述形式の用紙には、「熱意がたくさん伝わってくる授業だったので、毎週楽しみにしていました」とか、あるいは「先生の授業を受けることができなくなると思うと寂しいです。ありがとうございます」というように、これが最後であることを惜しむ声が少なくなかったことは、大変有難かった。この場を借りて、授業を熱心に受けてくれた受講生諸君に、心からの感謝の念を表します。

【参考文献】
Rifkin, Jeremy (2009) The Empathic Civilization (Penguin Books)
鷲田豊明(2006)「グリーン・リベラリズム」環境経済・政策学会編『環境経済・政策学の基礎知識』(有斐閣)94〜95頁。
宮本太郎(2008)『福祉政治 日本の生活保障とデモクラシー』(有斐閣)
中野剛志(2011)『TPP亡国論』(集英社新書)

|

« アダム・スミスを改めて勉強中 | トップページ | 1000時間ヒアリングマラソンを始めました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アダム・スミスを改めて勉強中 | トップページ | 1000時間ヒアリングマラソンを始めました »