« 1000時間ヒアリングマラソンを始めました | トップページ | 転身について »

2013年6月 2日 (日)

映画ゼロ・ダーク・サーティを観る

今日、伊勢市内の進富座(しんとみざ)という映画館で、ゼロ・ダーク・サーティというアメリカ映画を観た。米国によるビンラディン殺害の実話に基づいて作られたもので、「ゼロ・ダーク・サーティ」とは、ビンラディン(暗号名:ジェロニモ)殺害に至った作戦の決行時間、深夜0:30を指す軍事用語である。

ビンラディン発見につながる重要情報を吐かせるため、捕虜に対して拷問を加えるシーンからこの映画は始まるが、その拷問シーンは、今ちょうど読み始めた本の第1章でもまさに取り上げられていたものだったので、そのシーンはリアリティを大いに感じさせるものだった。ちなみに、ちょうど読み始めた本というのは、ナオミ・クライン著、幾島幸子・村上由見子訳『ショック・ドクトリン:惨状便乗型資本主義の正体を暴く』(岩波書店、2011年)である。

ビンラディンを追い詰めたのは、C.I.A.の若き女性エリート情報分析官だったのだという。彼女の非常に高い情報分析能力と、狂気と紙一重の執念とによって、アメリカは遂にビンラディン殺害を成功させる。それは、たしかに一方で、「殺す者は殺される」という人生上の法則とでもいうべきものの実証例なのだろうと思う。

しかし他方で、パキスタンに潜んでいたビンラディンを殺したからといって、パキスタンに不法侵入して、裁判にもかけずに9.11の首謀者を成功裡に射殺できたからといって、それじゃあ、テロ問題は解決したかと言えば、それは間違いなく「否!」と言わざるを得ないだろう。

先のボストンマラソン爆弾テロ事件が示しているように、いま問題になっているのは、米国内でのhome-grown terroristsの存在である。テロリストを、裁判を受ける権利を持った人間とみなさず、ただちに殺害してもよい「敵性戦闘員」とみなしてその根絶を図ったところで、そこで展開するのは、「憎しみは憎しみを呼ぶ」という悪循環だけだろうと思うのである。

この映画は、アメリカの対テロ対策にまつわるそのような問題点を鋭く突くものであることは間違いないと思う。もしも、ビンラディン殺害を手放しで賞賛することを狙ったものであれば、あのような意味深長なラストシーンにするはずがないからである(これから観ようと思われている読者のために、それがどのようなシーンだったかはここには書かないことにする)。

ビンラディンを有無を言わさず、半ば独善的に殺すのもアメリカなら、その問題点を鋭く抉る映画を作るのもアメリカである。そこに、アメリカという国の懐の深さがあるように思った次第である。

|

« 1000時間ヒアリングマラソンを始めました | トップページ | 転身について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1000時間ヒアリングマラソンを始めました | トップページ | 転身について »