« TOEICを受験 | トップページ

2014年2月11日 (火)

TOEIC905点でした

先月受験した第187回TOEIC公開テストの結果が今日届いた。その公式認定証によると、そのスコアは次のとおりであった:

リスニング(Listening) 465/495

リーディング(Reading)440/495

トータル(Total Score) 905/990

受験に当たっての目標は「最低でも800点突破、あわよくば900点越え」だったので、その目標が達成できたことは大変嬉しいことであった。

本ブログに前回も書いたように、「リスニングで思った以上の手応えがあった一方で、リーディングは思っていたよりも苦労した」というのが受験直後の感触だったが、実際の結果もその通りだった。とはいえ、受験者全体(今回は100,166人)の平均点でもリスニングがリーディングを上回っていたそうなので(リスニング315.0、リーディング256.7)、リスニングとリーディングの比較という点では、私の結果もその全体的な傾向に沿ったものだったと言えるのかもしれない。

この公式認定証ではいくつかの指標が用いられているが、その中で私が初めて目にしたのは、''Percentile rank''(パーセンタイル ランク)というものだった。それは「あなたのスコアをある母集団の中においた場合に、あなたのスコアに満たない受験者が何%いるかを示している」ものらしい。

そのパーセンタイルランクが、私の場合は「リスニング93、リーディング96」とのことだった。リーディングの方が点数が低かったにもかかわらず、パーセンタイルランクはリーディングの方が高かった。その点からしても、TOEICはリーディングの方が難しいと言えそうである。

そのパーセンタイルランクでの母集団は、今回の日本における受験者総数100,106人のことかと最初は思った。ところが、実はそうではないらしい。というのも、その説明の続きには、「今回の母集団は、2010年1月から2012年12月に世界中で実施したTOEIC公開テストの全受験者です」と書かれていたからだ。その母集団におけるパーセンタイルランクが上記の通りだったことは、素直に喜んでよいのかもしれない。

しかし、私自身は完全には満足していない。まだまだ改善の余地があるからだ。公式認定証に同封されていた「レベル別評価の一覧表(Score Descriptor Table)」には、私のレベルにおける弱点として、次のように書かれていた:

リスニング セクション 495〜375

一般的に、このレベルのスコアを取得する受験者には、解答する際に、あまり使用されない文法や語彙が出てくるときにのみ、弱点が認められます。


リーディング セクション 495〜425

一般的に、このレベルのスコアを取得する受験者には、解答する際に、多くの考えや複雑な考えが、少ない単語もしくは複雑な方法で表現されている場合、または難解な語彙が出てくる場合にのみ、弱点が見られます。

ここに指摘されているような弱点が私にも見られることは言うまでもない。つまり、今後もさらに練習を積んでいけば、さらに伸びていけるはずなのである。それを信じて、これからも明るく楽しく練習を続けていきたいと思う。

|

« TOEICを受験 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« TOEICを受験 | トップページ