2009年1月14日 (水)

文献講読 f H20年度秋学期 レポート課題

平成20年度 名張学舎 文献講読 f 秋学期末レポート課題

テキスト『アフルエンザ』第3部を読んで、まず自己診断テストで自分のアフルエンザ度の点数を明らかにした上で、その治療に必要なことは何であるかについて、あなたの考えを述べなさい。

その際、自分のみならず、自分の身近な人々のアフルエンザ、さらには社会、国、世界全体のアフルエンザの治療に必要なことについても、あなたの考えを述べること。

なお、制限字数は特に定めない。

提出方法 Word等のワープロソフトで作成した答案ファイル(A4サイズ、横書)を、電子メールに添付し、次のメールアドレス宛に送信すること。

山中優 yamanaka●kogakkan-u.ac.jp (●の部分に半角アットマークを入れる)

そのメールの件名を次のようにし、学生番号と氏名を明記すること。

「文献講読 f レポート 学生番号  氏名」

提出期日については、大学の掲示板で、確認しておくこと(期日厳守)。

受領証明としてメールを返信するので、その返信メールを大切に保管しておくこと。なお、盗作が判明した場合には、0点とする。

| | コメント (0)

2008年7月 8日 (火)

文献講読 f H20春学期 レポート課題

名張学舎 文献講読 f H20春学期 レポート課題

テキスト『消費伝染病「アフルエンザ」:なぜそんなに「物」を買うのか』の第1部「アフルエンザの諸症状」全体を読んで、その内容を要約しなさい(Wordなどのワープロソフトで作成すること)。

提出方法 電子メールに上記のファイルを添付し、次のメールアドレス宛に送信すること。

山中優 yamanaka●kogakkan-u.ac.jp (●の部分に半角アットマークを入れる)

そのメールの件名を次のようにし、学生番号と氏名を明記すること。

「文献講読 f レポート 学生番号  氏名」

提出期日については、大学の掲示板で、確認しておくこと(期日厳守)。

受領証明としてメールを返信するので、その返信メールを大切に保管しておくこと。なお、盗作が判明した場合には、0点とする。

| | コメント (0)